ローマ法王:8月に韓国訪問、日本立ち寄りは困難

ローマ法王:8月に韓国訪問、日本立ち寄りは困難
2014年3月7日 毎日新聞

 フランシスコ・ローマ法王(77)が今年8月中旬に韓国を訪問することが固まった。複数のバチカン(ローマ法王庁)当局者が毎日新聞に明らかにした。昨年3月の就任以来、初のアジア訪問。朝鮮半島はじめアジアにおける平和と和解を祈願する旅になる。旅程上の理由から、日本に立ち寄る時間は取れない見通しだという。

 法王は世界のキリスト教カトリック信徒約12億人の頂点に立つ最高位聖職者。8月13~17日に韓国・大田でアジアのカトリック教徒の若者のための祭典「アジア青年の日」が開かれるのに合わせて訪韓する予定だ。法王の訪韓は1989年のヨハネ・パウロ2世以来約25年ぶりとなる。韓国は人口の1割の約520万人のカトリック教徒を擁し、近年、信徒数が増加している。

 法王は「アジア青年の日」主要行事に出席し、18~19世紀の韓国人殉教者124人を「聖人」に次ぐ「福者」に認定する列福式を8月15日に行う見通し。8月15日は聖母マリアが天に召されたとの教義に基づくカトリックの祝日。韓国と北朝鮮の南北統一を祈願する特別ミサの開催も検討されているという。

 法王は訪韓に先立ち5月にヨルダン、パレスチナ自治区、イスラエルを訪問する。中東和平の推進を促すとみられ、今年の法王外遊は「平和」と「和解」がキーワードになる。

 法王は、日本にキリスト教を伝えた宣教師、フランシスコ・ザビエル(1506~52年)で知られる修道会イエズス会の出身で、アジアに強い関心を寄せている。日本全国のカトリックの司教で作る「日本カトリック司教協議会」は来年の法王訪日を招請している。【ローマ福島良典】


・ローマ法王の2014年アジア訪問国として韓国が選ばれたらしいという報道。信者数からしても日本が外されても仕方ないが、以下の記事にあるように長崎教会群の世界遺産登録に関して、2015年に「信徒発見」を記念する長崎県で、県知事が法王の長崎訪問を求めているという。

これ以上、日本にキリスト教信者数が激増する見込みもないだろう。ただ今後の観光資源として日本の初期クリスチャンの活動が評価されることは興味深く探求されるべきことだろう。


バチカン「長崎教会群を世界遺産に」 法王庁が登録支援
2014年3月5日 朝日新聞

 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」について、ローマ法王庁が世界遺産への登録を支援する意向を伝えた文書が、長崎県の中村法道知事に届いた。4日の県議会で中村知事が明らかにした。

 県によると、中村知事は昨年10月、バチカンを訪れる神父らにフランシスコ法王への親書を託した。文書はその返事で2通届いた。

 中村知事は親書で、禁教下で潜伏していたキリスト教徒が大浦天主堂(長崎市)で神父と出会った「信徒発見」から150年となる2015年に、法王の長崎訪問を要望。教会群の世界遺産登録への支援も求めた。



外部リンク
長崎から世界遺産を「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」 (長崎県)
 https://www.pref.nagasaki.jp/s_isan/

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」キッズページ (長崎県)
 https://www.pref.nagasaki.jp/s_isan/kids/index.html

世界文化遺産:文化審議会「長崎の教会群」を9月推薦
2014年07月10日 毎日新聞

 文化審議会は10日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)「世界文化遺産」の2016年登録を目指し「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎、熊本両県)を推薦することを決めた。政府の関係省庁連絡会議を経て、9月中にユネスコに暫定版の推薦書を提出する予定。

 「長崎の教会群」は16〜19世紀のキリスト教伝来と信仰の歴史を示す資産。教会、城跡、歴史的景観の三つの特性を持ち、大浦天主堂(長崎市)▽「島原の乱」の舞台となった原城跡(長崎県南島原市)▽熊本県天草市の崎津(さきつ)集落−−など13件で構成する。

 今回は、長崎の教会群のほか、北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群(北海道、青森県、岩手県、秋田県)▽宗像(むなかた)・沖ノ島と関連遺産群(福岡県)▽金を中心とする佐渡鉱山の遺産群(新潟県)▽百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群(大阪府)−−の計5件を対象に審査した。

 長崎の教会群を選んだ理由について、同審議会担当部会長の西村幸夫・東京大先端科学技術研究センター所長は、世界遺産の登録条件である普遍的価値と保存措置の両面で「推薦準備が他の4件より整っている」と説明。審議の過程で、4世紀にわたるキリスト教を通じた日本と西洋の価値観の交流を物語る▽地域固有の生活環境、地理的環境などを背景に独特の文化的伝統が形成された−−ことなどが評価されたという。

 西村部会長は、他の4件について「更なる調査や準備すべきことが残っている」と指摘した。

 各国からの世界文化遺産の推薦は原則として、年1件に制限されている。長崎の教会群は昨年、15年の登録候補として文化庁が推薦したが、内閣官房が推す「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」(福岡、長崎など8県)に競り負けた。「産業革命遺産」は長崎市の端島(はしま)炭坑(通称・軍艦島)や北九州市の官営八幡製鉄所など23件で構成される。【三木陽介】

 ◇長崎の教会群とキリスト教関連遺産の構成資産

 <1>大浦天主堂と関連施設(長崎市南山手町)
 <2>出津教会堂と関連遺跡(長崎市西出津町)
 <3>大野教会堂(長崎市下大野町)
 <4>日野江城跡(南島原市北有馬町)
 <5>原城跡(南島原市南有馬町)

 <6>黒島天主堂(佐世保市黒島町)
 <7>田平天主堂(平戸市田平町)
 <8>平戸島の聖地と集落(平戸市下中野町など)
 <9>旧野首教会堂と関連遺跡(小値賀町野崎郷)
 <10>頭ケ島天主堂(新上五島町友住郷)

 <11>旧五輪教会堂(五島市蕨町)
 <12>江上天主堂(五島市奈留町)
 <13>天草の崎津集落(熊本県天草市河浦町)

 ※天草市以外は長崎県


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑