人生いろいろ:生演奏を聴く

† 本当に久しぶりに演奏会に行ってきた。無料である。住所地から少し離れた小都市であり今まで行ったことはなかった。その駅は新しいコンセプトをもとに公共施設併設でテナントが多くあり賑わっていた。一方で、駅前商店街は日曜午後だというのに閑散として対比が大きかった。会場まで徒歩で歩きながら、この町に暮らす人たちの生活を思いつつ会場に急いだ。

‡ 演奏会場は大勢の市民がいて盛り上がっていた。ただ演奏会そのものは騒音に近い音楽で、閉口するとともにこれが現代の流行りなのだろうと感じた。実は早朝に、CDを聴いていてゆっくりとした深い内容の交響曲を聴いていたので天地の差があった。時代の流れは早くて大きな事故・事件すらすぐに忘れ去られてしまう。そんな中で青年時代からゆっくりと聴いてきた音楽をただ聴くことが幸せである。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑