インド 参拝者が将棋倒し91人死亡

インド 参拝者が将棋倒し91人死亡
2013年10月14日 0時33分 NHK

インド中部で13日、ヒンズー教の寺院に向かっていた大勢の参拝客が、橋の上で折り重なるように倒れ、これまでに91人が死亡しました。

インド中部マディアプラデシュ州で13日、ヒンズー教の寺院に続く橋を渡っていた大勢の参拝客が、折り重なるように倒れ、地元の警察によりますと、子ども17人を含む91人が死亡し、110人がけがをしました。

13日はヒンズー教の重要な宗教行事の日に当たり、警察によりますと、事故が起きたとき、長さ500メートル、幅がおよそ7メートルの橋の上に、数千人の参拝客がいて、非常に混み合った状態だったということです。

警察では、大勢の人が歩く振動で橋が揺れたことで、一部の参拝客が橋が崩れるのではないかとパニック状態になり、逃げようとしたことが原因とみて、当時の状況を詳しく調べています。

ムンバイの日本総領事館によりますと、これまでのところ日本人が巻き込まれたという情報は入っていないということです。

インドでは、大勢の人が集まるヒンズー教の行事で過去にもたびたびこうした事故が起きていて、ことし2月にも北部のウッタルプラデシュ州で、祭りに参加した人たちが駅のホームで折り重なるように倒れ、36人が死亡しました。


・インドで起きた事故であるが、現在ネット上で見られる3つの記事を比べると、被害状況など大きく異なっている。こうした原因はむろん情報ソースによるものであるが、このまま報道されなくなっていまいそうだ。この事故について知りたいならば、現地の情報を直接調べるしかない。

FNNが現地の映像を伝えているが、橋の全景が撮影されておらず分かりにくい。ヘリを飛ばして空撮なんてできないのだろう。映像では病院、道端でうずくまる人たちが撮影されている。

それにしてもインドのこと何も分かっていないことを痛感する。マスコミの報道も欧米、特に米国中心報道は変わらず、米国の片田舎で起きたどうでもいいニュースが話題になる一方で、日本に利害関係がないと思われる場合の扱いは貧相なものである。

海外報道は主に通信社の記事により、日本の特派員がいるところでも広い範囲をカヴァーさせられて情報も限られている。私たちが知りたいのは正確な情報であり、日本語で間接的に知ることは難しい。少なくとも英語が堪能であればいいのだけどね。

この事故であるが寺院へ通じる橋の上で、大勢の参拝者が重なり合って圧死したり橋から飛び降りて死傷したということだろう。つまり宗教行事での最中の出来事だといえる。


巡礼者が橋に殺到 89人死亡 インド中部の寺院
2013/10/14 0:55 中日新聞

 インド中部マディヤプラデシュ州で13日、ヒンズー教の大寺院を訪れていた巡礼者が倒れて折り重なり、少なくとも89人が死亡、100人以上が負傷した。PTI通信が報じた。

 この日はヒンズー教のお祭りの日で、寺院には約5万人の巡礼者が訪れていた。参拝するには川にかかった橋を渡る必要があり、巡礼者の間で橋が崩落するとの風評が広がって混乱状態となった。急いで橋を渡りきろうとする人々が殺到し、倒れて圧死したり、川に落ちたりして犠牲者が増えた。【ムンバイ共同】



寺院で将棋倒し、115人死亡=「橋崩落」うわさで混乱―インド
2013年10月14日01:31 時事通信社

 インド中部マディヤプラデシュ州のヒンズー教寺院で13日、殺到した参拝者が重なり合って倒れる事故が発生し、地元メディアによると、子供約30人を含む少なくとも115人が死亡、100人が負傷した。

 報道によると、事故が起きたのは同州ダティア地区にあるマンドゥラ・デビ寺院。参拝者が寺院に続く橋を渡っていたところ、「橋が崩落する」とのうわさが広まり、混乱した人々が将棋倒しになった。

 橋の上には当時、2万5000人以上の参拝者がいたとの情報もあり、一部は川に飛び込んでおぼれたという。【ニューデリー時事】


20131014

「橋崩落」うわさでパニック、参拝客89人死亡
2013年10月14日12:23 読売新聞

 インド中部マディヤプラデシュ州のヒンズー教寺院前で13日、橋の上に殺到した参拝客らが折り重なるように倒れ、地元テレビ「NDTV」によると、少なくとも89人が死亡、100人以上が負傷した。死傷者は増える可能性がある。

 寺院では当時、ヒンズー教の大祭「ドゥルガ・プジャ」が開催されていた。同州当局関係者によると、祭りには約5万人が詰めかけ、橋の上で多数の参拝客が寺院に入る順番を待っていたが、橋が崩落するとのうわさが広まってパニックになり、一部は川に落ちて流されたという。【ニューデリー=田原徳容】


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑