住居に40億円…独のぜいたく司教に批判集中 清貧モットーの法王と協議へ

住居に40億円…独のぜいたく司教に批判集中 清貧モットーの法王と協議へ
2013.10.11 産経ニュース

 住居建設に約3100万ユーロ(約41億円)、飛行機はファーストクラス-。ドイツ西部リンブルク司教区のテバルツファンエルスト司教(53)のぜいたくな生活ぶりがこのほど明らかになり、激しい批判にさらされている。

 建設工事の大部分が司教区の許可なしに進められたとされる。ローマ法王フランシスコは「貧しい人たちのための教会」を掲げており、ドイツ司教会議は10日、法王と対応を協議すると表明した。

 司教は2008年1月、リンブルクに赴任。その後住居の工事が始まった。司教は昨年1月、貧しい人の救済活動のためインドのスラム街を訪れた際、ファーストクラスを利用した。

 今年3月に就任した法王はバチカン内の専用住居に入らず、他の聖職者らと寝泊まりを続けるなど清貧をモットーにしている。(共同)


・注目したいのは贅沢司教ではなく、今も法王が専用住宅に入っていないというところだ。

カトリック教会であるから、この司教住宅も個人所有のもではないだろう。豪華な調度品があるのか・・・ファーストクラスで移動しているとだけで、それ以外の具体的な贅沢は書かれていない。

考えたいのは、庶民にとって聖職者がこのような生活を送っていると分かった場合の反応だろう。それはカトリック教会だけの問題ではなく、宗教家の生き方の問題だ。

マザー・テレサのように、極貧地帯で奉仕するものは、それと同じ境遇でなければ分からないだろうし、それがキリストの生き方だったという信念であった。一方で、教会くらいは日常を忘れる空間を提供してほしいとし豪奢な教会・施設を求める人たちもいるだろう。

個人的には、貧しさ・暴力は経験しないと分からないものと思う。神学を究め聖書に精通してもイエスの生き方を自分のあるべきものと考えないならば何になるのだろうか。それをまず考えて生活するのが聖職者ら指導者の基本的態度だろう。


20131024-55.jpg
独西部リンデンブルクに建てられたテバルツファンエルスト司教の豪邸(ロイター)


追加情報

ぜいたくな生活ぶりに批判の司教、職務を一時停止する処分に
2013年10月23日 TBS

 豪華な住居を建設するなど、ぜいたくな生活ぶりに批判が集まっていたドイツのカトリック司教に対し、ローマ法王庁は23日、職務を一時的に停止する処分を下しました。

20131024 (2)

 ドイツ西部・リンブルク司教区のテバルツファンエルスト司教は、住居にあたる司教館の建設に3100万ユーロ=41億5千万円を費やし、そのぜいたくな生活ぶりに批判が集まっていました。

 この問題について、ローマ法王庁は23日、司教に対し、調査結果が出るまで司教区を離れるよう命じ、職務を一時的に停止する処分を下しました。

 「司教が職に留まることができないのは明白でしょう。今の状況で、人を教え導くことはできませんから」(地元の人)

 テバルツファンエルスト司教は21日に法王フランシスコに謁見し、事情を説明したとみられますが、バチカンの専門家は、「清貧」を掲げる法王は、この問題に厳しい態度で臨むと分析しています。



ぜいたく聖職者:住居改装などで41億円、ドイツ
毎日新聞 2013年10月15日 11時26分(最終更新 10月15日 11時38分)

 ドイツ西部リンブルクのカトリック司教が、住宅建設などに3100万ユーロ(約41億円)もの大金を使っていたことが発覚し、問題となっている。「貧者のための教会」を掲げるフランシスコ・ローマ法王の方針に反するとの批判が起き、司教は13日、状況説明のため急きょバチカンを訪問。独メディアによると、検察当局は教会財産を流用した背任容疑での捜査も検討しているという。

 豪邸の「主」はフランツペーター・テバルツファンエルスト司教(53)で、2008年にリンブルクに着任後、住宅や礼拝堂の工事に乗り出した。

 白い円柱に囲まれた中庭の改築に約3億円、礼拝堂のクリスマス装飾品に約1300万円など多額をつぎ込み、住居の浴槽などの改装も進めた。工事の大半は、司教区の許可を得ずに進めたとみられるが、司教は独紙に教会文化財の保護が目的だったと釈明した。

 司教は昨年1月、インドのスラム街を訪ねたが、その際の飛行機もファーストクラスを利用。ただ、今回のバチカン訪問は格安航空会社を使ったという。【ベルリン篠田航一】


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑