ユダヤ系米国人の2割、「神を信じていない」=調査

ユダヤ系米国人の2割、「神を信じていない」=調査
2013年10月1日 ロイター

 自分が文化的もしくは民族的にユダヤ系だと考える米国人の5人に1人は、神の存在を信じていなかったり、特定の信仰を持っていないことが調査で明らかになった。ユダヤ系米国人のアイデンティティーに変化が起きつつあることを示している。

この調査は、ピュー・リサーチ・センターが1日発表したもの。自分たちを「宗教的にユダヤ人」と考えているユダヤ系米国人の割合は、1914─1927年生まれでは93%に上った一方、1980年以降生まれでは68%に下がるなど、世代間で大きな差があることが明らかになった。

全体では、ユダヤ系米国人の22%が無神論者か不可知論者、もしくは特定の宗教を信仰していない人だった。この数字は、米国社会全体と同程度の水準だという。

同センターによると、ユダヤ系米国人の数は、無宗教の人も含めると約530万人で、同国成人の2.2%を占める。

また調査では、ユダヤ系米国人がユダヤ系以外の人と結婚するケースも過去50年で大幅に増えていることも分かった。ユダヤ系の人の結婚相手が非ユダヤ系だった割合は、1970年以前はわずか17%だったが、2000年以降では約60%になっているという。[シカゴ 1日 ロイター]


・団結力が強く政財界に極めて強い影響力を持つと言われているユダヤ人であるが、そのアイデンティティにも若干の変化があるという報道である。

この22%が高いのかは意見が分かれるところだろうが、末尾にある同じ宗教を信ずる者同士の結婚が減っていくことは大きな変化をもたらすだろう。

イスラエル問題が世界情勢にとってキーとなる問題であることに違いなく、ユダヤ教徒と国家イスラエルが今後とも注目されていくことは間違いないこと。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。