「顕正会」信者の男2人、20代男性を強制入信 本部など家宅捜索

「顕正会」信者の男2人、20代男性を強制入信 本部など家宅捜索
2013/09/11 FNN

宗教法人「顕正会(けんしょうかい)」の信者の男2人が、20代の男性を無理やり入信させたとして、警視庁公安部は11日、顕正会本部などを家宅捜索した。

強要と暴力行為の疑いで家宅捜索を受けているのは、宗教法人「冨士大石寺顕正会(ふじたいせきじけんしょうかい)」のさいたま市の本部など。

20130911

捜査関係者によると、顕正会の信者の男2人は、2013年3月、東京・秋葉原で、20代の男性に、顕正会の信者であることを隠して近づき、後日、会った際に入信を勧め、断られると、「五体満足じゃいられなくなる」などと声を荒らげ、入信を強要した疑いが持たれている。

顕正会信者は「(勧誘の際、無理強いするようなことはあったか?)ないんじゃない?(そういった話を聞いたことはあるか?)ない」と話した。

警視庁には、2013年に入り、顕正会の強引な勧誘などで、およそ80件の相談が寄せられていて、公安部は信者の男2人から事情を聴いている。


・さまざまな勧誘トラブルが報告されていた宗教団体が家宅捜索を受けた。それも警視庁公安部主導であり、おそらくは終末思想を持つ団体をマークして第二のオウム真理教事件のような反社会的な部分がないのかの解明にあたるものと思われる。

FNNは捜査員にモザイクをかけており、さすがに立ち位置がはっきりとしている。他局では、むろん捜査員を背後から撮影し顔がでないような配慮をしている。やはり報道規制は厳しいようだ。

公安調査庁や警視庁公安部は、その存続と存在意義を示すためのターゲットを探す必要もあり、警視庁公安部は、この宗教法人に目をつけたものだろう。とにかく大きな問題を抱える団体だけに資金の流れや勧誘方法など詳細に分析するものと思われる。


宗教法人「顕正会」に家宅捜索、強引な勧誘の疑い
2013年9月11日 TBS

 宗教法人「顕正会」の会員が強引に入信を勧誘した疑いが強まったとして、警視庁公安部は東京・板橋区にある施設などの家宅捜索に乗り出しました。

 強要などの疑いで家宅捜索を受けているのは、東京・板橋区にある、「顕正会」の東京会館など5か所です。警視庁によりますと「顕正会」の会員の男2人(20代)は今年3月、秋葉原のカードショップで20代の男性に声をかけたうえ、板橋区内のファミリーレストランで「入信しないとバチがあたるぞ」などと6時間にわたって執拗に勧誘し、強引に入信申込書を書かせた疑いがもたれています。

 「強要とか脅迫とか強制とかあるはずがない。常識で考えれば分かる」(顕正会の会員)

 「顕正会」は、「日蓮大聖人に背く日本は必ず滅ぶ」と終末思想を唱える仏教系の宗教法人で、強引な勧誘活動でトラブルが相次いでいました。警視庁公安部は今後、捜索で押収した資料を分析するなどして勧誘活動の実態を調べる方針です。



宗教法人「顕正会」強制捜査 会員が入信“強要”で
2013年9月11日 テレビ朝日系(ANN)

 宗教法人「顕正会」の会員の男2人がアルバイトの男性を脅し、入信を強要したとして、警視庁公安部は11日、顕正会の強制捜査に乗り出しました。

 公安部は、顕正会の会員の男2人が今年3月、アルバイトの男性(22)に「五体満足でいられなくなる」などと脅し、入信申込書を無理やり書かせたなどとして、教団の施設など5カ所を捜索しています。顕正会は、独自の終末思想を掲げ、会員数約158万人と公表していますが、勧誘トラブルが絶えず、警視庁への相談件数は今年だけで80件以上あるということです。また、東日本大震災の後、機関紙など通じて、「会員は不思議な力で津波を免れた」などと宣伝していましたが、捜査関係者によりますと、震災後の不安をあおりながら、組織を拡大させた可能性もあるということです。



追加

顕正会会員ら2人書類送検=「入信断ればばち」強引勧誘容疑-警視庁
2014/02/26 時事通信社

 強引に入信を迫ったとして、警視庁公安部は26日、暴力行為法違反と強要の疑いで、宗教法人「顕正会」の会員の男(24)=横浜市=と元会員の男(25)=川崎市=を書類送検した。元会員の男は容疑を認め、会員の男は否認している。

 公安部は昨年9月、さいたま市の教団本部や2人が所属する神奈川会館など全国7カ所を同容疑で捜索していた。元会員の男は捜索後脱会した。

 送検容疑は昨年3月、東京都板橋区の飲食店で都内のアルバイト男性(23)を「入信しないとばちが当たる。人為的なばちもある。五体満足でいられなくなる」などと6時間にわたって脅迫。近くの教団東京会館で入信書を書かせた上、地下鉄駅で別れる際「誰かに相談したら教団関係者が自宅に押し掛ける」と、さらに脅した疑い。

 公安部によると、2人は「カードゲームを一緒にしよう」と男性に声を掛け、ゲームを口実に呼び出していた。公安部は教団のノルマがあり、2人が強引な勧誘をしたとみている。

 趣味を口実に近づき入信を迫るなど、顕正会の強引な勧誘は多発しており、警視庁には昨年計162件の被害相談が寄せられたという。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑