NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 宮崎駿スペシャル「風立ちぬ」1000日の記録

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
宮崎駿スペシャル 「風立ちぬ」1000日の記録
映画監督・宮崎駿
2013年8月26日放送 NHK総合

語り:橋本さとし 貫地谷しほり
編集:松本哲夫
撮影・ディレクター:荒川 格
制作統括:山本隆之



大事なものは、たいてい面倒くさい

宮崎のアニメーション作りは2年に及ぶ長丁場だ。300人に及ぶスタッフを動かしながら、1500に及ぶカットを1カット1カット仕上げ、完成へとにじり寄っていくその行程を、宮崎は“レンガ積み”に例える。

全作業の根幹となるのは、宮崎の書き下ろす“絵コンテ”。キャラクターの動きやセリフ、背景などを精緻に書き込んだ、いわばアニメーションの設計図だ。この絵コンテをもとにアニメーターがキャラクターなどの動きをつけ、美術が物語の舞台を描き、世界観を作り上げていく。さらに、キャラクターなどの色を決める色彩設計や撮影といった業界屈指のスタッフが宮崎アニメを支える。

そんな彼らを2年間、最前線で指揮し続ける宮崎が日夜漏らす言葉がある。それは、

「面倒くさい」。

アニメーション制作は、実写と異なり、すべてを“無”から生み出さなければならないため、風に揺れる草の1本1本まで描かなければならない。しかも少しでも手を抜こうものなら、それがスクリーンであらわになり、作品の品位をおとしめる。宮崎は、アニメーターが描いた絵を手直ししながら、四六時中、「面倒くさい」「面倒くさい」と漏らし続ける。だがその裏に、宮崎が70歳を越えてたどり着いた境地が上記の流儀だ。

「面倒くさいっていう自分の気持ちとの戦いなんだよ。何が面倒くさいって究極に面倒くさいよね。『面倒くさかったらやめれば?』『うるせえな』って、そういうことになる。世の中の大事なことってたいてい面倒くさいんだよ。面倒くさくないところで生きていると、面倒くさいのはうらやましいなと思うんです」。

堪(たふ)る限りの力を尽くして生きる

宮崎は机に向かっている際、激しく貧乏揺すりをしていることがままある。聞けば、無意識ではなく、敢えてみずからにムチ打って急き立てるためにやっているのだという。

70歳を越えてなお、朝から晩まで机にへばりつき、鉛筆を握り続ける。アニメーションはまさに体力勝負だ。「風の谷のナウシカ」以来、「これが最後」と宮崎はたびたび口にし続けてきたが、新作「風立ちぬ」の現場はかつてないほど過酷なものとなった。

制作途中には、原因不明の体調不良にも悩まされた。プロデューサーの鈴木敏夫はじめ、周囲からは休みを取るように勧められた。それでも宮崎が現場から離れることはなかった。「くたばっても絵コンテだけはできていたっていうふうにしないとみっともない」。映画監督としての執念そのものだった。

そんな宮崎が映画作りを通じて、テーマとしていた言葉がある。それは、

「堪(たふ)る限りの力を尽くして生きる」。

新作「風立ちぬ」は、日本が戦争へと突き進む中、主人公・堀越二郎がみずからの仕事と妻との生活に全力を尽くして生きようとする姿を描くものだ。その生きた姿を本当に描くためには、みずからもまたこの面倒くさい日常を前に、決して膝を折ることなく、全力を尽くして生きなければならない、と宮崎はみずからに課しているかのようだった。映画に刻まれた、力を尽くして生きる二郎の姿は、宮崎そのものでもあったのだ。



・宮崎駿とNHKディレクターの関係は引き続き良好のようで、かなり長期にわたって記録を撮り続けている。ハンディカメラの性能も向上しているから視聴に耐える映像が撮れる時代になってきている。

できる人たちの言葉は簡潔だが奥深くて印象に残る。宮崎監督も多くの支持を集めるのは作品の出来に違いないが、作品を見ない人にも訴えかける言葉を持っている。

その宮崎監督も記者会見で正式引退を表明した映像を見つつ、端々に印象に残る言葉を残していた。NHKでも記者会見一問一答すべてを活字にして報道するという異例の対応を見せたことが蜜月関係を示唆するものなのだろう。

このドキュメンタリーだが、当然に長期取材からの構成であり、取材者の意志が反映したものとなっている。ただ密着取材と言っても、週に数回ほど訪問しているようであり、もっと他にもドラマはあったと思う。

アニメ制作の現場は非常に単調な作業である。一コマ一コマの作画をいかに生きた描写にしていくのかがジブリのこだわりであり、今では機械でもできる作業を手作業でこなすところに何かしらの変化があるのだろう。

例えば、映画製作においてもコンピューターグラフィックを多用した作品が多くなり、中には全編CGというものすらある。そうでなくても俳優の演技以外の要素は極力セットやロケよりも安価で効果的なCGを使う傾向がある。

俳優はブルーシートを前に演技をするわけである。それで本当に役になりきることができるのかは疑問が残るところだ。黒澤明監督作品ではないが、有名な七人の侍では、端役の百姓を演じる役者らに実際に衣装を着てセットで生活をさせ役である家族生活をさせるこだわりである。

宮崎監督作品も、できるだけアニメの本質たるものを片方において、一方で最新のものとの融合をも考えているところが凄いところだ。斬新な声優起用も話題となる。音楽は一貫してシンフォニックな雄大な音楽を奏でている。

このドキュメンタリーは、本当にある意味楽なこととも言える。その一挙一動さが画になる対象をずっと撮影しているわけで、あとは構成と編集作業の水準が髙ければ完成度の高い作品に仕上がってしまうからだ。事実、前回の「崖の上のポニョ」を取材した番組はNHKからDVDとして発売されるほどの人気を持っているのだ。NHKにとっては稼ぎもとなのだ。

「大事なものは、たいてい面倒くさい」は至言であると思う。昔、ある雑誌に「愛は面倒くさい!」という連載があった。世の中のすべてのことはボタン一つで済むわけでない。いろいろなことを考えて準備して、上手くいって当然という雰囲気に押されながらも誠実にこなしていくことが大事なことなのだ。それは生きていく上でいつもできる訳ではないが、それが仕事ならばプロの仕事のあり方となろう。

取材者も、宮崎監督の生き方に圧倒されながらも自らも映像人として、どのように伝えるのかを試行錯誤しているに違いない。そこに宮崎流の覚悟があれば良い作品に仕上がることは間違いないだろう。

宮崎監督が正式引退を表明した以上は、この長期にわたる取材プロジェクトも幕を下ろすことになるだろう。記者会見で宮崎監督は、アニメ以外にやりたいことがあると発言した。それは窺い知れないものだろうが、そこまで取材をする必要はないだろう。もっと自分のために最後の時間を楽しんでほしいと思うのが真のファンの心境ではないだろうか。

記者会見で、ジブリの今後を聞かれた質問に対して、こう答えた。

 宮崎:ジブリの今後については、やっと上の重しが取れるんだから、こんなことをやらせろというのが若いスタッフから鈴木さんに話が挙がっていくのを期待していますけどね。

 それが無いとだめですよね。鈴木さんが何やっても。僕らは30の時にも40の時にも、やっていいんだったら、何でもやるぞという覚悟でいろんな企画を抱えていましたけど、それを持っているかどうかにかかっていると思います。

 鈴木さんは、それを門前払いを食らわす人ではありません。今後はいろんな人間の意欲や希望や能力にかかっていると思います。


仕事の継続に関しては、誰も宮崎監督に代わる人はいない。次世代のアニメ監督も有望な方が多く出てきているが、それぞれが強い個性を持って作品制作に臨んでいる。それが大事なことなのだ。ジブリがなくなっても、新たな才能がやる気をもって自分の信じた道を邁進する様を見たいのだという思いがひしひしと伝わってくる。それでこそ宮崎監督が人を育てることに成功したことになるのだろう。


宮崎駿監督:長編引退も「あと10年は仕事したい」 公式コメント発表
2013年09月06日 毎日新聞

 公開中の映画「風立ちぬ」をもって長編映画の製作から引退することを明らかにしていたスタジオジブリの宮崎駿監督が6日、東京都内で会見を開き、「公式引退の辞」というコメントを発表した。宮崎監督は「あと10年は仕事をしたいと考えています」としており、「自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事を続けたいのです」と長編の監督は引退しても、ジブリ美術館の展示などスタジオジブリに関する仕事を続ける意思を示した。

 ◇コメント全文は次の通り。(原文のまま)

公式引退の辞

宮崎駿

 ぼくは、あと10年は仕事をしたいと考えています。自宅と仕事場を自分で運転して往復できる間は、仕事をつづけたいのです。その目安を一応“あと10年”としました。

 もっと短くなるかもしれませんが、それは寿命が決めることなので、あくまでも目安の10年です。

 ぼくは長編アニメーションを作りたいと願い、作って来た人間ですが、作品と作品の間がずんずん開いていくのをどうすることもできませんでした。要するにノロマになっていくばかりでした。

 “風立ちぬ”は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果たされてしまいます。

 長編アニメーションではなくとも、やってみたいことや試したいことがいろいろあります。やらなければと思っていること−−例えばジブリ美術館の展示−−も課題は山ほどあります。

 これ等は、ほとんどがやってもやらなくてもスタジオに迷惑のかかることではないのです。ただ家族には今までと同じような迷惑をかけることにはなりますが。

 それで、スタジオジブリのプログラムから、ぼくをはずしてもらうことにしました。

 ぼくは自由です。といって、日常の生活は少しも変わらず、毎日同じ道をかようでしょう。土曜日を休めるようになるのが夢ですが、そうなるかどうかは、まぁ、やってみないと判りません。

 ありがとうございました。

 以上

2013,9,4


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑