統一教会女性信者が男女の信者に火つける 2人重体

統一教会女性信者が男女の信者に火つける 2人重体
2013年8月22日 TBS

 韓国・ソウル近郊にある統一教会の関連施設で、日本人の女性信者が自分と信者2人にシンナーをかけ、火をつけました。火をつけた女性と男性の2人が重体です。23日は教祖の故・文鮮明(むん・そんみょん)氏の一周忌にあたります。

20130822

 韓国の警察によりますと、22日午後4時半、ソウル近郊の統一教会本部の関連施設の玄関付近で、日本人の女性信者が同じ日本人の男性と女性の信者2人にシンナーをかけ、火をつけました。3人はいずれも50代で、最初に火をつけた女性と男性は重体だということですが、火をつけられた女性は「話はできる状態」だということです。

 統一教会をめぐっては、去年、教祖の文鮮明氏が死亡し、現在、追悼行事の期間中で、23日は旧暦で一周忌にあたるということです。


・教祖死亡で後継問題がありながらも、このところ一切報道がなかった教団である。その一周忌に起きた事件であるが詳細は分からない。日本人信者が関係していることで報道されたが、教団取材に強いTBSが報道している。共同通信社配信記事は少し分かりにくい。

神聖な教団関連施設内でのことであり、愛情の問題なのか信仰上の問題なのか・・・詳細も知りたいところだが、これ以上の報道もないだろう。


韓国統一教会施設で日本人女性が焼身自殺
2013年8月22日 日刊スポーツ

 韓国北部、京畿道加平郡の警察によると、加平にある世界基督教統一神霊協会(統一教会)の施設で22日午後、同教団の信者とみられる中年の日本人女性が焼身自殺を図り、周囲にいた日本人の男女2人とともに大やけどを負い病院に搬送された。3人のうち2人はやけどがひどく、重体という。

 警察によると、自殺を図った女性は自分の体にシンナーをかけて火を付けた。さらに、残る2人に向けてシンナーをかけたとの情報もあるという。

 加平は同教団の拠点で、昨年9月3日に死去した創始者、文鮮明氏の追悼行事が23日に約2万人を集めて開かれる予定だった。同教団関係者によると、3人の居住地などは分からないという。(共同)



女性信者がシンナーかけ放火 2人重体1人重傷(続報)
2013年8月23日 TBS

 韓国・ソウル近郊の統一教会の関連施設で22日、日本人の女性信者が自分や他の日本人信者にシンナーをかけて放火する事件がありました。

20130823 94415

20130823 94433

 韓国の警察や統一教会によりますと、50代の女性信者が自らシンナーをかぶり、近くにいた50代の男性信者にもかけて火を着けたということです。この2人が重体となっているほか、そばにいた別の50代の日本人の女性信者が重傷です。

 統一協会は教祖の文鮮明氏が去年死亡し、23日は旧暦で一周忌にあたるということで、2万人が参加する大規模な追悼行事が行われることになっています。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑