タイのぜいたく僧侶、僧籍剥奪 性的虐待の疑いで捜査

タイのぜいたく僧侶、僧籍剥奪 性的虐待の疑いで捜査
2013年7月14日 共同通信社

 自家用ジェット機に乗る様子が動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開され、ぜいたく過ぎると波紋を広げたタイ人僧侶ネンカム氏について、同氏が寺院を構える東北部シーサケット県の宗教当局は13日、ネンカム氏の僧籍を剥奪することを決めた。地元メディアが14日、報じた。一方、法務省の特別捜査局は、ネンカム氏が15歳以下の児童への性的虐待の疑いがあるとして本格的な捜査を始めた。【バンコク共同】


・記事しか情報がないが、どれも驚きの内容だ。僧侶であるが副業があるのか・・・。関連があれば追記したい。

新たに時事通信社の報道があり、共同通信社以上に派手な生活をしていることが伺える。

なおテレビ報道では、彼は人気のある僧侶でお布施も多額であり財テクなどとは無縁のようだ。


「ぜいたく僧侶」逮捕状請求へ=淫行などの疑い―タイ
2013年7月15日 時事通信社

 タイ法務省特別犯罪捜査局(DSI)は15日、僧侶でありながら高級ブランドのバッグを持ちサングラス姿で自家用ジェット機で移動する様子が動画投稿サイトに掲載され、「ぜいたく」との批判を受けていた男について、未成年者と性的関係を結んだ淫行などの容疑で17日に裁判所に逮捕状を請求する方針を決めた。バンコク・ポスト紙(電子版)などが伝えた。

 男はウィラポン容疑者(33)で、当時14歳だった女性と性的関係を持ったのをはじめ、違法薬物の使用やマネーロンダリング(資金洗浄)などに関与した疑いが持たれている。

 タイでは15歳以下の少女と性交した場合、同意の有無にかかわらず最高で禁錮20年の刑に処せられる。

 ウィラポン容疑者は現在米国に滞在中とされる。問題の動画が掲載されて以降、女性関係のほか、22台もの高級車ベンツを総額9500万バーツ(約3億円)で購入していたなど聖職者らしからぬ行状が相次いで伝えられ、13日に僧籍を剥奪された。【バンコク時事】

 
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑