人生いろいろ:スーパー廃業

† 近くのスーパーが突然閉店した。子どもの頃からあったので歴史は古い。商店が組合組織を作って運営していた。成長期には二つの店舗に分かれて営業していたこともあったが、中堅のスーパーがいくつかできてから風向きが変わってしまった。自転車で買い物にくる女性たちも多く、閉店後にどこへ買い出しに行っているのかが気になっていたが新たな出店が決まったことで一安心。

‡ 私の住居地ではないのだが、地方都市の田舎ではJAミニスーパーも相次いで閉店してしまう状況があるという。高齢者たちしかいない限界集落の人たちにとっては日用品や燃料は必要であり、厳しい状況に置かれている。都市部でも産院不足が指摘される今日、生活の維持すらできなくなっている日本の現状がある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑