人生いろいろ:警部補の不祥事が増えた理由

† どの組織でも不祥事が露見する時代にあるが、警察官でも警部補という地位の人の報道が目につくのだがご存じだろうか。現場の課長補佐くらいの立場であるが、なぜ、そんな人たちに問題が山積するのだろうか。中間管理職のストレスと言いたいわけではない。

‡ 実は、警察組織は高学歴化が進み過ぎて大卒採用者が増加したこと、加えて一定率に制限していた管理職登用を大幅に緩和したということだ。現場にいた人たちに言わせると、警部補は捜査の中核として、それなりの人たちがなっていたというのだが、最近では実力の伴わない警部補クラスも多数であるという。団塊世代の大量退職で捜査技能の伝播が課題とされているだけに、警部補クラスの人選ができていないことへの危惧と信頼へのダメージは大きい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑