教会が虐待被害者と和解、ロス 枢機卿が隠蔽の疑い

教会が虐待被害者と和解、ロス 枢機卿が隠蔽の疑い
2013/3/13 中日新聞

 カトリック教会のロサンゼルス大司教を務めたマホーニー枢機卿が、神父による子どもへの性的虐待を隠蔽したとして訴えられ、教会側が被害者4人に計約1千万ドル(約9億6千万円)を支払うことで和解したことが12日、分かった。米メディアが被害者の弁護士の話として報じた。

 枢機卿は、12日に始まった新たなローマ法王を決める選挙(コンクラーベ)に参加している。

 問題の神父は1974~2000年の間、子どもたちを虐待。86年にマホーニー枢機卿に虐待を告白したのに、神父としての仕事を続けた。引退後に訴追され、07年に有罪判決を受けた。【ロサンゼルス共同】


・聖職者だって隠ぺいする。そうなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑