ご投稿を頂いた 寿美さんへ

ご病気のことでお悩みのようですね。特に周囲の理解が得られない苦痛は計り知れないものであろうと思います。文面には同病の方との交流を求められているようですが、それは全国組織や地域組織もありそうなのでインターネットで探されるとよいと思います。

患者数が少ない病気では、地元の保健所・保健センターなども一般的な相談にはのってくれると思いますが、あくまでも概要程度になるでしょう。

特に①医療面、②経済面、③精神面について書くとすれば

①現状では苦痛緩和のために方策を充実させること、特に地元で信頼できる医師を見つけてください。
②家族の援助も限界があるようでしたら、地域の福祉窓口に相談することも考えてください。
③特にメンタルな部分が、症状の感じ方に大きく左右されるでしょう。自分自身がリラックスできるものを見つけて一日たとえ5分でもいいから心を真っ白にできる時間があると良いと思います。リラックスできるものは、あなたが決めることです。

このブログでは、ココロをどう守るかについて順次書いております。誰にも苦痛はあり苦悩があります。それに飲み込まれずに今・ここで、現実を受け止めて生きることは可能であることを書いているつもりです。

私も個人的に非常に困難な時期を経験しましたが、多くの縁があり、結果として受け止めることを学びつつ、今・ここで、を大切にしています。それを素直に分かちあえる人との、ご縁があることを切に祈ります。

たれプーさん♪ (社会福祉士)


 ⇒「お笑い・マンが道場」の欄もご覧ください! ちょっとホッとして!
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑