ローマ法王が悪魔払い? バチカンは否定

ローマ法王が悪魔払い? バチカンは否定
2013年5月22日 東京新聞

 ローマ法王フランシスコが、19日にサンピエトロ広場で開かれたミサを訪れた男性から悪魔を追い払ったのではないかとイタリアの宗教系衛星テレビ番組が報じ、話題となっている。しかし法王庁(バチカン)報道官は21日までに「法王はいつものように病気の人に対して祈りをささげただけ。悪魔払いをしたわけではない」と否定する声明を発表した。

 イタリアのメディアによると、法王は19日のミサの後、参列した車いすの男性に近づき、頭に手を置いて祈りをささげた。男性は口を大きく開けて、体を震わせた。宗教系番組は「映像を見たエクソシスト(悪魔払い師)たちは、悪魔からの解放の祈りだと確信した」と報じた。【ローマ共同】

20130522.jpg

 バチカンのサンピエトロ広場で男性の頭に手を置くローマ法王フランシスコと体を震わせる男性のビデオ画像=19日(AP=共同)



・悪魔祓いは公認なのだろうが、それができる神父は限られていると思う。悪魔は存在すると固く信じる人たちは多い。

新ローマ法王だが、好意的に報道されていたが暫く報道も途絶えていた。報道の真偽は分からないが、議論は続くことになるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑