井の頭公園で放火か、稲荷神社全焼

井の頭公園で放火か、稲荷神社全焼
2013年5月2日 TBS

 東京の井の頭公園にある小さな神社が全焼しました。

20130502 214543

 1日午後11時すぎ、三鷹市の井の頭公園で、近所に住む男性から「自宅から鳥居が燃えているのが見える」と119番通報がありました。消防が駆けつけ、火はおよそ30分後に消し止められましたが、公園の中にある親之井稲荷尊神社8平方メートルが全焼しました。

20130502 214505

 周辺に火の気がないことから、警視庁は何者かが火を付けた放火事件の可能性が高いとみて調べています。



・ほこらや小さな鳥居などの一部が焼失した。映像を見ると大勢の人たちが出入りする位置ではない。


東京・井の頭公園の神社焼ける 放火の疑いで捜査 警視庁
2013.5.2 産経ニュース

 1日午後11時10分ごろ、東京都三鷹市の井の頭公園内の「親之井(おやのい)稲荷尊神社」から出火、ほこらや鳥居などの一部が焼けた。神社付近には火の気がないことから、警視庁三鷹署は放火の疑いがあるとみて、詳しい出火原因を調べている。

 同署によると、神社のほこらは高さ約2・5メートル、奥行き約4メートル。線香などを立てる燭台(しょくだい)は置かれていない。現場近くの喫茶店従業員が神社から火が出ているのを発見し、119番通報した。

 井の頭公園は夜間も人の出入りが可能だといい、同署は付近の防犯カメラの解析などを進めている。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑