神の風景-人間と世間-117

「殺し合ってまでして守らねばならぬ正義、私たちはいつからこんな錯覚を抱くようになったのでしょう。平和こそ正義です」(藤木正三)2-139平和こそ正義

・戦争と宗教という課題は非常に重いものです。宗教は必ず平和を説きますが、時として国家権力と同一化・協調して結果として戦争に協力しています。一神教だけではありません。イエスは一貫して非暴力でした。剣をとるものは剣で滅ぶと…。大義をもってしても殺し合うことで何が生まれるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑