高野山真言宗、6.8億損失か お布施など運用に失敗

高野山真言宗、6.8億損失か お布施など運用に失敗
2013年2月27日 朝日新聞

 空海(弘法大師)が開創して約1200年の伝統を持つ宗教法人の高野山真言宗(総本山・金剛峯寺〈こんごうぶじ〉、和歌山県高野町)が、資金運用に失敗して少なくとも6億8千万円の損失を出していたことが、関係者の話でわかった。約3700の末寺から集めた檀(だん)信徒からのお布施も含まれている。

 26日に始まった宗派の議会にあたる宗会には、宗会議員を務める僧侶35人が参加。庄野光昭宗務総長は、多額の損失を出したことについて「運用が思いにまかせず推移している。無念で慚愧(ざんき)に堪えない」と説明した。


・学校法人や宗教法人などの資産運用失敗で巨額赤字を計上する例が目につくようになった。それは投資運用会社への丸投げが原因としても、必要以上にお金を貯めこんで誰にも還元されることないことの裏返しだ。宗教家は、宗教の道には詳しく説いても現代金融の複雑さを理解しているとは思えない。

例えば、ある宗教法人は多額の寄付金を土地購入にあてて闇雲に買い漁っているという。信者の皆さんは、その事実を知らされておらず運営に使われていると疑ってない。宗教法人幹部が私利私欲に使っていることは少ないとは思いたいが、清貧を旨とする宗教が最先端の金融商品を運用し少しでも資産を増やそうという動きの矛盾を考えないのだろうか。


高野山で意見対立 宗会が解散
2013年02月27日 NHK大阪放送局

弘法大師、空海が開祖となっている宗教法人の高野山真言宗で、資産運用をめぐって内部で意見が対立し、宗派の議会にあたる「宗会」がきょう、解散されました。

高野山真言宗で宗会が解散されたのは、昭和27年に宗教法人となって以来、初めてです。解散されたのは、高野山真言宗の議会にあたり、全国の10のブロックの代表などあわせて37人の議員からなる「宗会」です。

高野山真言宗によりますと、きのう開かれた宗会で、宗派の資産運用の結果をめぐって一部の議員から「投資で6億8000万円を超える損失を出しながら全体として9億円に上る利益が出たことになっており、粉飾の疑いがある」などという意見が出され、「宗会」の責任者の庄野光昭宗務総長の辞任を求める不信任案が賛成多数で可決されました。

これに対し、庄野宗務総長は「粉飾は事実無根で、不信任案に何の根拠もない」として、きょう、宗会を解散しました。

高野山真言宗で宗会が解散されたのは、昭和27年に宗教法人となって以来、初めてで高野山真言宗は、今後、50日以内に全国の代表となる議員を選ぶ選挙を行うことになります。



高野山真言宗が宗会解散 法人化後初、不信任可決も
2013年2月27日 共同通信社

 宗教法人高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)で議会にあたる「宗会」が、実務トップの庄野光昭宗務総長の不信任案を可決、庄野宗務総長は27日、宗会を解散した。不信任案可決や宗会解散は1952年の法人化以来初めて。関係者によると、不信任案は出席した宗会議員35人のうち、18人の賛成で26日に可決。資産運用で損失が出ていることで、外部監査に対して虚偽の資料を提出したとして、宗務総長の責任を追及した。



高野山真言宗宗会を解散 資産運用巡り
2013年2月27日 読売新聞関西発

 宗教法人の高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)で、議会にあたる宗会(議員37人)の解散が27日、決まった。資産運用のあり方に関して、内局のトップである庄野光昭宗務総長に対する26日の不信任案の可決を受けたもので、今後、指名による10人を除く議員27人の選挙が行われる。

 記者会見した庄野宗務総長らによると、証券会社に任せていた資産運用で、2002~12年、商品によっては計約6億8000万円の損失が発生したが、約16億円の運用益があり、差し引き約9億円の利益があったという。26日に開かれた宗会で、議員の一部から「会計の不明朗な点があったのでは」と批判があり、庄野宗務総長の不信任案が僅差で可決。庄野宗務総長は辞職せず、宗会を解散した。

 現議員の任期は15年5月まで。任期途中の解散は極めて異例で、今後、50日以内に選挙が行われる。



高野山真言宗が6億8000万円損失、資金運用に失敗
2013年2月27日 TBS

 弘法大師・空海が開き、1200年の歴史を持つ高野山真言宗が資金運用に失敗し、6億8000万円の損失を出していたことがわかりました。宗派内での対立が深まり、トップへの不信任案が可決されるという異例の事態となっているようです。

 弘法大師・空海が開設して、およそ1200年の伝統を持つ高野山真言宗。ですが、伝統と信頼を失いかねない問題が発覚しました。資金運用に失敗し、およそ6億8000万円の損失を出していたことが明らかになったのです。損失の中には全国およそ3700の寺から集めた信徒からのお布施も含まれているといいます。

 森財務部長によりますと、2002年から資金運用を始め、現在およそ30億円を運用しています。従来は満期が長くリスクの低い商品で運用していましたが、2007年度から証券会社を雇い、元本保証がないハイリスクな商品に切り替えたのが原因とみられています。信徒から預かった大切なお布施などを資金運用に充てることは多々あるのでしょうか。

 「(相談は)年々増加傾向にありまして。一般的にお布施だけでその(宗教)法人を運営していくのはなかなかできることじゃない。資金が不足して、投資事業で収益を出して、お寺を運営していこうという考え方もあり得る」(行政書士法人 鷹悠会 高木幸聖代表)

 文化庁では、宗教法人に対し、財産の管理・運用の心得4か条を定めています。
 <投機的な資金の運用を図って宗教法人の財産を減少させたりすることのないように心がけましょう。>

 高野山真言宗の規則でも、資金運用について「確実な銀行に預け、管理しなければならない」と定めていますが、法的に強制力はありません。専門家は今後、何らかのルールづくりが必要になってくると指摘します。

20130228 2

 「宗教法人は他の法人と比べて特典が税制上与えられている。それだけしっかりと中で管理していくことが原則。それが出来ないなら行政が介入して、いま行われている公益法人改革をそれを宗教法人にもやる」(慶応義塾大学 中島隆信教授)

 高野山真言宗では、庄野宗務総長への不信任案を可決。新体制は解散後50日以内に行われる選挙で決めることになります。



高野山真言宗の宗務総長辞任へ
2013年04月25日 NHK大阪放送局

資産運用をめぐって内部で意見が対立していた高野山真言宗は、一連の混乱の責任を取る形で執行部の責任者の宗務総長がきのう(24日)、辞任を表明しました。

弘法大師、空海が開祖となっている宗教法人の高野山真言宗は、信者から集まったお布施などの資産運用の結果をめぐって内部で意見が対立し、ことし2月には宗派の議会にあたる「宗会」が解散されるなど、混乱が続きました。

これを受けて、執行部の責任者の庄野光昭宗務総長はきのうの宗会で一連の混乱の責任を取る形で辞任を表明しました。

庄野宗務総長は、一夜明けたきょう、NHKの取材に対し、「これ以上、内部で対立を深めて高野山真言宗の名誉を傷つける訳にはいかない。私がすべての責任を負って辞任することにした」と述べました。

高野山真言宗では、来月8日に新しい宗務総長を選ぶ選挙が公示され、宗派内の手続きを経て、7月26日に新しい宗務総長が決まります。



新宗務総長に添田氏 高野山真言宗、資産運用問題で交代
2013年6月25日 朝日新聞

 高野山真言宗(和歌山県高野町)は25日、資産運用をめぐる問題で執行部トップの宗務総長(金剛峯寺〈こんごうぶじ〉執行長〈しぎょうちょう〉)を辞任した庄野光昭(こうしょう)氏(70)の後任に、同町の蓮華定院(れんげじょういん)住職、添田隆昭(りゅうしょう)氏(66)を選んだ。任期は7月5日から4年間。

 添田氏は京都大文学部を卒業。2001~09年、私立高野山高校の校長を務めた。

 高野山真言宗では、お布施などを高リスクの金融商品に投資していた問題が発覚。最高議決機関「宗会(しゅうかい)」が2月、庄野氏の不信任案を可決したのに対し、庄野氏は宗会を解散。宗会改選後の4月にあった臨時宗会で、「資産運用に粉飾はなかった」とする弁護士らの検証結果が承認されたが、庄野氏は騒動になった責任をとり辞任していた。



追記

宗教法人高野山、前総長らを提訴 投資で損害、8億円超の賠償請求
2016年1月29日 中日新聞

 宗教法人高野山真言宗(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)などは28日までに、内部規定に反してリスクの高い金融商品を購入し損失を出したなどとして、実務責任者だった前宗務総長庄野光昭氏(73)と、前財務部長に計約8億7千万円の損害賠償を求めて和歌山地裁に提訴した。

 法人によると、庄野氏らが証券会社から購入した金融商品「仕組み債」による損失約4億円については、元本回収の確実性の確保を定めた内部規定に反したなどと主張。

 また、複数のコンサルタント会社などに支払った計約4億7千万円に関しても額に見合う業務提供がないとしている。(共同)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑