人生いろいろ:生鮮商品の送り付け商法

† 送り付け商法でやっかいなのが魚だろう。この商法では、いろいろなものが送られてくるので、例えば霊験あらたかなものだったら捨てにくいだろう。肉や魚といった生鮮食品は、片隅に保管して暫くしてから捨てるということにためらいを感じさせるのだ。

‡ また下記にあるカニに関しては、実売のカニの種類を誤魔化して売買することがあり注意が必要だ。カニを見分けられるならば良いが、とんでもないカニを買わされることもあるそうだ。通販などのコマーシャルを聴いていると破格の値段で売っているのだが、そんなにカニって美味しいの!?って感じる。恐らく乱獲しているからウナギの二の舞になると心配する。


見守り新鮮情報 第152号   平成24年12月26日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

   カニの送りつけ商法に注意!

魚介類を扱う業者から電話があり、いきなり世間話のように「今の時期何が食
べたいか」と聞かれた。思わず「カニかねえ」と答えたところ、買うとは一言
も言っていないのに、「今カニを送ったよ。もう返せないよ」と言われた。驚
いて「なぜ送るのか」と反論したが「今食べたいと言ったじゃないか」と怒鳴
られた。代金引換の宅配便で送ってくるらしい。業者名や電話番号を聞いたが
「教える必要はない。品物が届けばわかる」と教えてもらえず、らちが明かな
いと思って電話を切ったところ、またすぐ電話があり「一方的に切ったな。カ
ニは送る」と言われた。実際送られてきたらどうしたらよいか。(70歳代 女
性)

<ひとこと助言>
☆突然カニ等魚介類の勧誘等の電話があり、「買うと言っていないのに商品が
 送られてきた」「断ったのに商品を送ると言われた」などという送りつけ商
 法の相談が後を絶ちません。
☆事例の他に、「認知症の父に毎週カニが送られてきて、その度に支払いをし
 てしまっている」「取引をしたことがある業者と勘違いさせられた上、強引
 に契約を迫られた」などといったケースもあります。
☆勧誘されても必要がなければきっぱりと断ることが大切です。
☆承諾していないのに一方的に商品が送りつけられて来ても、支払いの義務は
 なく、受け取る必要もありません。業者の連絡先等が分からないことが多い
 ため、商品を受け取り支払ってしまうと、代金を取り戻すことが難しくなり
 ます。安易に受け取らないようにしましょう。
☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑