シリーズ:生活習慣を見直す11 呼吸法

20121001 143714

・呼吸とは、酸素の吸い方であり、呼吸筋の運動による生体リズムの賦活とも言える。人間は、例えば体温を自ら上昇・下降させることはできない。ただ呼吸筋を制御することで、一定のリズムを作り出し交感神経や副交感神経に作用することが唯一可能なのだ。だから呼吸法が大事だということ。ゆっくりと息の出し入れをすれば、神経が寛ぐことは誰でも同じなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑