ローマ法王も Twitterを開始

ローマ法王も Twitterを開始
10.11.2012 The Voice of Russia

バチカンは、ベネディクト16世のマイクロブログをスタートさせる準備がすべて整った。法王のスポークスマンを務めるフェデリコ・ロムバルディ氏によれば、今年の末にもTwitterに法王のメッセージが登場する。

 バチカンの社会コミュニケーション評議会の会長であるクラウディオ・マリア・チェリー大司教は「当然、一つ一つのメッセージについて、法王が個人的に承認する事になるだろう。法王の最も重要な発言の中の主要な考え、恐らくは毎週恒例の日曜日の説教などがTwitterで流される事になる」と伝えた。なおバチカンは、数か月前に@BenedictusPPXVIというユーザー名を登録した。

 当然、85歳のベネディクト16世が、御自分でTwitterするとは考えられない。よく知られているように、法王は普段の生活の中でコンピューターを使わず、神学上の著作などは昔ながらの手書きで、それも鉛筆を使って書いている。

 とはいえベネディクト16世は、昨年6月すでに、バチカンが公式に情報サイトを開いた際、メッセージを寄せ「親愛なる友人の皆さん。私は、www.news.vaを今始動させたばかりです。キリストに栄光あれ!祈りと祝福と共に。ベネディクト16世」と記した。 (リア・ノーヴォスチ)



・宗教組織がSNSをどのように活用するのかが、次の世代の戦略にもなる。

宗教組織は、その拡大路線という要請からも次世代のメディアについては関心が深い。ご承知の方も多いと思うが、キリスト教の布教にでは、古くからAMラジオを利用して早朝や深夜帯に宗教放送を行っている。その後、バブル期までは地方テレビを利用して放送を行ってきた。

現在では、インターネットを利用した布教のあり方も利用されており、何よりも資金難にある団体には安価で発信性のあるネットを利用することは当然ともいえる。

電波が自由に使える国々では、実に宗教放送が多い。それも自前の設備を持って放送局となっている。そのくらい外国ではポピュラーなのだが、日本は電波監理や規制で宗教放送が自粛されてきている。

SNSの特徴として、短文をリアルタイムに伝えることや会員同士の伝播性が高く、情報が伝わりやすいことがある。一方で匿名性から誤認やデマが蔓延する危険性もある。宗教というものの本質と、こうした特性がきちんと組み合されれば効果はある。

例えば、上記のローマ法王のツィートだが、今まで雲の上の存在であった法王の言葉が、リアルタイムに聞けたら信者の一部は感涙するかもしれない。だが法王が自ら書き込むことはないだろうし、そこに記されるものは穏便なメッセージにすぎない。それを信者はどう受け取るのだろうか。

私もSNSを利用しているが、その利用の限界については感じている。確かに有名人が利用すれば大きな宣伝になることは間違いない。その利用を間違うと批判やバッシングされることも起きている。なかなか難しいメディアであることは事実だろう。

そして問題は文章の量の問題ではなく質の問題。無意味なツィートを繰り返したり宣伝まがいの言葉に魅かれるものはなく、それを読むことは時間の無駄とも感じるようになってきており距離を置いてしまっている。ただ発信される方の動静が知りたいならば継続して読まれることをおススメしたい。


ローマ法王、ツイッターデビュー フォロー10万人突破
2012年12月3日 朝日新聞

 ローマ法王ベネディクト16世が3日、短文を発信するネットサービス「ツイッター」を始めた。会見した法王庁(バチカン)のロンバルディ報道官らによると、12日から信仰に関する質問に答えるなどしていく。発表から約5時間でフォロワーは10万人を超えた。

 質問がある人はツイートに「#askpontifex」をつけて送る。ペンネームにあたるアカウント名は英語用が「@Pontifex」。やりとりに使う言語は英・伊・独・仏・スペイン・ポルトガル・ポーランド・アラビアの八つ。使う言語は今後増える可能性もある。

 法王は、ソーシャルネットワークの中で多くの人が人生についての問いを発している現状を認識し、「デジタルという新大陸に福音を説く必要性がある」と語ってきた。若年層や信徒ではない人にも直接言葉を届けることで、信徒間だけでなく、異なる宗教の信徒との対話も促進したいとしている。【ローマ=石田博士】



20121204 171145

20121204 171227

ローマ法王 ベネディクト16世が初めてTwitterでツイート
2012年12月12日 マイナビニュース

ローマ法王 ベネディクト16世が12月12日(現地時間)、Twitterで初めてのツイートを投稿した。ベネディクト16世のアカウントは英語版の「@Pontifex」など、あわせて8言語が開設されている。英語版は76万フォロワーで、全アカウントのフォロワーは110万を超える。

最初のツイートは「Dear friends, I am pleased to get in touch with you through Twitter. Thank you for your generous response. I bless all of you from my heart.」。このツイートは、直後の2分間で2000以上もリツイートされたという。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑