澤木興道 語録25

諸行無常を学すとは、その瞬間その瞬間、的のはずれないことを学することである。「この場合これでどうか」――いちいち一切生活上の工夫をすることが、無常を学するということである――無常といって、人の死ぬことのみではない。(澤木興道)1-221

・確かに無常とは死ぬことのみではない。生活上の工夫をすることが、それも的外れにならない処し方ができることが無常を生きるということだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑