NHKスペシャル「終戦 なぜ早く決められなかったのか」

NHKスペシャル「終戦 なぜ早く決められなかったのか」
2012年8月15日 NHK

敗戦から67年を迎える太平洋戦争。その犠牲者が急激に増加したのは、戦争末期だった。勝敗はとっくに決していたにもかかわらず、なぜもっと早く戦争を終えることができなかったのか。当時の日本の国家指導者の行動や判断には、多くの謎や不可解な点が残されている。今回NHKは研究者の共同調査で、戦争末期の日本の終戦工作を伝える大量の未公開資料を、英国の公文書館などから発見した。それらによると、日本はソ連の対日参戦を早い時期から察知しながらソ連に接近していたこと。また、強硬に戦争継続を訴えていた軍が、内心では米軍との本土決戦能力を不十分と認識し、戦争の早期終結の道を探ろうとしていたことがわかってきた。1日でも早く戦いを終える素地は充分に出そろっていながら、そのチャンスは活かされていなかったのである。番組では、戦後に収録されながら内容が公開されてこなかった当事者らの肉声証言なども検証し、重要な情報が誰から誰に伝えられ、誰には伝えられなかったのかを徹底分析。国家存亡の危機を前にしながらも、自己の権限の中に逃避し、決定責任を回避しあっていた指導者の実態を浮かび上がらせる。国家的な岐路における重要な決定をめぐる課題について、識者討論なども交えて考えいく。

出演者 加藤陽子,岡本行夫,姜尚中
進行 竹野内豊



・74分構成

本当に敗戦が早まっていたら、現在問題となっている多くの問題が起きていなかったということになる。シベリア抑留、中国残留婦人・残留孤児問題、遺骨問題、特攻作戦、原爆投下、領土問題・・・等々。

歴史の通説ではヤルタ会談密約で決まったソ連参戦ということは終戦後まで知らなかったとされていた。今回新たに分かったことは、それを覆す極秘電文が英国公文書館から複数見つかったということだ。在欧の複数の武官が本国である日本に送った極秘電報を解読したものであり、陸軍や海軍には情報がもたらされていたことが確認された。

ただ、その情報は結果的に戦争最高指導会議で共有することなく、外務省や宮中、官邸との意思疎通を行っていなかった。

いくつかの段階で情報を共有する機会があったことは、今までのNHKの報道番組でも知らされてきた。情報そのものがなかったわけでなく、その扱いを十分にできなかったということだ。

最近では東日本大震災時、福島第一原発で明らかになった情報共有の乏しさ、リーダーのあり方などと同じような事態が改善されていないことを示唆する内容となっており、ゲスト出演していた方も指摘していた。

姜尚中教授が話をしていたように、彼らはすべて優秀な官僚であったということだ。官僚という職分である、自分の職務を超えない、そして何もしないことが結果として出世になるという日本の官僚制の弱点が見えてくる。

そして、彼らの側近らの証言によると、本音では敗戦になることは感じながらも、表向きは無難なことしか喋らないという精神構造は、日本人ならば分かるだろう。

付け加えたいことは、例えば現内閣には入閣した防衛大臣のように、大学教授として国際関係の論客がいるとして果たして彼の信条や研究が活かされるかということだ。

この番組に登場した方も、歴史学者、元外交官、政治学者であるが、もし仮に政府の一員として尽力してほしいと頼まれたらどうなるのだろうか。

政府の中枢機関に入り日々忙殺的な生活を送りながら判断をすることは非常に困難であり、勢い優秀な官僚らの手中に落ちてしまうことは必至なのだ。

それほどに危うい立場を維持しながら、外交と内政に目配りをしつつ民意を反映した政治を行うことは魅力的なことだが厳しいことでもある。

政策立案には、各政治家がブレーンや政策秘書を多く雇用しなくてはならないが、それができない以上は難しい。

この番組でも、リーダーシップを執れる政治家を熱望しているようだが、官僚制との距離感が難しい現行の政治制度では行き詰ってしまうことは明白だろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。