神の風景-人間と世間-94

「本来の姿にある時は何事もみな軽やかです。私たちが生きることの重たさを味わうのは、不毛の心労にまといつかれているからでしょう」(藤木正三)2-114軽やかに

・身軽に産まれ死ぬ存在でありたい。明日のことは分からないから、今晩眠るまでしっかりとしていたい。…そう、ありたい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑