人生いろいろ:金購入をめぐるトラブル 長期にわたる契約

† 事例にあるようなことは一般的ではないだろうが、本人が過去に行った金についての経験があだとなった形だ。80歳代の女性がターゲットだが、言葉巧みに近づき信用させ契約させる。この商法は解約金を目当てにしているのかもしれない。

‡ 契約書に署名捺印があれば簡単に取り消すことは難しい。また、商品説明もしましたという書類にもサインさせられるだろうから、後日に紛争になれば不利だ。自己責任があるという前提で、知識がないと思うならば周囲に相談することをためらわないことが身を守る第一歩だ。


見守り新鮮情報 第136号  平成24年5月29日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

   金の購入契約、受け取りは25年後!?

 自宅に来た営業マン風の男性に「金を買っておくといいですよ」と勧められ
た。昔、金を買った経験もあったし、とても感じのいい人だったので買うこと
にした。業者に約500万円を渡したが、現物はどこに保管されているのかと疑問
に思い、弟に相談した。弟が契約書を確認すると、約500万円は頭金のようなも
ので、残りは月6万円ずつ25年間積み立て、全額を支払い終えたら現物を受け取
れるという総額2000万円以上の契約だった。そんなに高額で長期の契約だとは
思わなかったので解約を申し出ると、契約時の手数料約200万円を差し引いて返
金すると言われた。納得がいかない。(80歳代 女性)

<ひとこと助言>
☆電話や訪問で「金が値上がりしているので必ずもうかる」「金のこつこつ貯
 金はいいよ」などと勧められ、長期間分割で代金を前払いする、金の購入契
 約に関する相談が寄せられています。
☆80歳代の人が25年かけて支払うと、金の現物を受け取れるのは100歳を超えて
 からということになります。また、25年の間に業者が倒産するなどのリスク
 もあり、必ず受け取れるという保証はありません。
☆事例のように、後で長期の契約だったことに気づき、中途解約したら高額な
 手数料を差し引かれたなどというケースも目立っています。
☆業者の説明をうのみにせず、契約前に書面等でもよく確認し、その場で契約
 することはできるだけ避けましょう。
☆困ったときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑