茨木のり子「苦しみの日々 哀しみの日々」

苦しみの日々 哀しみの日々」茨木のり子『倚りかからず』(1999、筑摩書房)


苦しみの日々

哀しみの日々

それはひとを少しは深くするだろう

わずか五ミリぐらいではあろうけれど


さなかには心臓も凍結

息をするのさえ難しいほどだが

なんとか通り抜けたとき 初めて気付く

あれはみずからを養うに足る時間であったと


少しずつ 少しずつ深くなってゆけば

やがては解るようになるだろう

人の痛みも 柘榴(ざくろ)のような傷口も

わかったとてどうなるものでもないけれど

    (わからないよりはいいだろう)


苦しみに負けて

哀しみにひしがれて

とげとげのサボテンと化してしまうのは

ごめんである


受けとめるしかない

折々の小さな刺や 病でさえも

はしゃぎや 浮かれのなかには

自己省察の要素は皆無なのだから




・苦しみ悲しみが人を少しを深くする。

それがたとえ僅かであっても、よく分からなくても・・・

それをしないと、他物にサボテンの棘のように接してしまう哀しみ。

喜怒哀楽、人間の実相。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑