茨木のり子「倚りかからず 」

倚りかからず 」茨木のり子『倚りかからず』(1999、筑摩書房)


もはや

できあいの思想には倚りかかりたくない

もはや

できあいの宗教には倚りかかりたくない

もはや

できあいの学問には倚りかかりたくない

もはや

いかなる権威にも倚りかかりたくない

ながく生きて

心底学んだのはそれくらい

じぶんの耳目

じぶんの二本足のみで立っていて

なに不都合のことやある

倚りかかるとすれば

それは

椅子の背もたれだけ




・ながく生きて、いったい何が自分自身の奥底に残るのだろうか・・・

学問や思想が自分を守ってくれるとはもう思わない。

権威や宗教には、さんざんな思いを味わった。

倚りかかることは悪いことではないが、倚りかかるものが脆弱すぎることを学んでしまった。

信じることは、己が身体の欲求と、自分の信念などはどうでもいいことだろう。

不都合だと思っていることは、実は自分の作り上げた壁に過ぎない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑