性的被害賠償、1500億円超に=カトリック聖職者の虐待問題

性的被害賠償、1500億円超に=カトリック聖職者の虐待問題
2012/02/09 時事通信社

 バチカンからの報道によると、カトリック教会の神父らによる相次ぐ性的虐待問題で、教会側が被害者らに支払った賠償額はこれまでに総額約20億ドル(約1540億円)に上るとみられることが8日、専門家の調査で明らかになった。公にならず和解に至ったケースも多く、正確な額は不明という。

 調査したのは米カトリック教会の関係者2人。各国のカトリック聖職者らが参加し、バチカンで6日から9日まで開かれている会合で報告、聖職者らへの信頼が失われた代償は金銭的損失よりも大きいと強調した。【ジュネーブ時事】



・未だに続くカトリック教会での性的虐待問題。大きなうねりは超えたにしても、カトリックの品位を落とし教会離れを自ら加速してしまった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。