神の風景-人間と世間-89

「正しいと思えば自分の考えを主張するのは当然ですが、冷静に、筋を通して考えている積りでも、なお自己流の論理を通していることを忘れないようにしましょう」(藤木正三)2-107くせ

・それは、「くせ」と呼べると藤木師は語ります。正しいとは、本当に危ういものです。自己に都合の良いことしか見えないのが人間です。また、未来永劫正しいといえるものはありません。そうした正しさで戦争をしたり相手を裁いていたらどうなるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑