神の風景-人間と世間-88

「素直な人とそうでない人。とにかくこれ程決定的に人間を区別するものはないでしょう。なぜなら、人は素直さにおいてだけ真理に貫かれるのですから」(藤木正三)2-106素直(2)

・素直であることが大切だと藤木師は語ります。誠実もそうでしょうね。優しさはどうかな。人を区別するのは表面的には難しい。その人がどう生きているかでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑