澤木興道 語録2

インドでは宗教と奇術、魔法とチャンポンであるらしい。(澤木興道)1-185

・この文章を書いたのがいつ頃かは分からないが、核心を突いたものだ。先ごろ亡くなったサイババも、神さまの化身として多額の寄進を得て慈善事業なども行っていた。ただ空中から物質(日本製の腕時計!?)を出したりと科学では理解できないことをすると一部マスコミも報じた。しかし事実は奇術の類であることがはっきりとしている。インドでは、宗教というよりも表面的なものに惑わされる国民性があるようだ。例えばヨガ行者が、修行して技を披露して金を取っているが、精神性とはまったく関係ないことなのだ。人を驚かせて帰依させようとする、人間は外面に惑わされ易いものである。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑