洗脳体験をナラティヴに31

「実は、自分の体験を正確に伝えることのできる言語は、人間の言葉にはない。その体験や音楽や詩や絵で伝えようと試みるかもしれない。しかし、心の中では、自分が見て感じたものをそのとおりに理解してくれる人はひとりもいないとわかっている」(アントニー・デ・メロ)3-89

† 言葉と概念は密接に関わっている。言語の発達・獲得とともに概念化することで、文化・文明を切り開いてきたのが人間の歴史であるといっても過言ではない。しかしである、本当は言葉の無力さを知っているからこそ、人間は体験や経験をも重視してきている。

‡ 愛することの理解はできても、愛に生きることは至難の業なのだ。その愛という概念も、いくら厳密に考えても分からないものだ。それを補足する意味で、芸術というツールを使って伝えようとするのも人間の営みなのだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑