洗脳体験をナラティヴに29

「しかし、ほんとうに重要なこと、つまりいのちや、愛や、現実や、神について、わたしに何か一つでも教えられる人は、ひとりもいない。他人ができるのは、わたしに公式を授けることだけである」(アントニー・デ・メロ)3-89

† こうした指摘ができる宗教家が今、果たして何人いることだろうか。それぞれの自称・宗教家たちは自分の作った公式を金科玉条にし、こう生きなさいと言う。しかし、デ・メロ師の語るように、大事なことを教えることは実は無理なのだ。

‡ いのちが何なのかは分からない。愛が何なのかは分からない。そうなのだ。それを分かったように説明し信者に課すことの愚かしさを知らなければならない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

2012年05月09日(水) 03時39分 |

↑