「東大寺」施設名に使わないで…寺側が老人ホーム提訴

「東大寺」施設名に使わないで…寺側が老人ホーム提訴
2012年4月17日 読売新聞関西発

 奈良市の東大寺は、関連がないにもかかわらず有料老人ホームの名称に「東大寺」の名を使用されたとして、同市法蓮町の介護事業会社「ホームケアー」を相手取り、名称の使用差し止めを求める訴えを奈良地裁に起こした。提訴は3月27日付。

 訴状などによると、同社は昨年12月頃から、同市川久保町で「ホームケアー東大寺」の名称で有料老人ホーム(3階建て、定員35人)の入居者を募集。この施設は今月、開業した。

 東大寺側は、「寺や関連法人が行う福祉事業と混同される恐れがある。寺の信頼を利用した行為で、不正競争防止法違反にあたる」と主張している。

 東大寺によると同社から事前連絡はなく、実際に寺の関連施設と誤解した人から問い合わせもあるという。

 同社は「県にも、この名称で届けていて問題ないと思っていた。今年秋に、本社を老人ホーム内に移転するので、その時に名前を変えたい」としている。



・「東大寺」という名称が、誤解を与えるらしい。

結論的には、施設名称を変更するので訴えそのものが取り下げられる格好になる。

東大寺は、事前連絡がなかったことに腹を立てているのだろうか。なお同施設は東大寺から3キロほどしか離れいないので看板に偽りはない。


ホームケアー  http://www.homecare.co.jp/

ホームケアー東大寺
■施設の類型及び表示事項/住宅型有料老人ホーム
  居住の権利形態/利用権方式
  入居時の要件/自立・要支援・要介護
  介護居室区分/個室
■開設(予定)年月日/平成24年4月1日
■建設予定地/奈良県奈良市川久保町6番1
■敷地概要/1316.55㎡
■建物概要/延べ床面積1520.48㎡ 鉄筋造3階建
■居室の概要
  【居 室 数】35室 定員35名
  【個   室】18.00㎡

20120418large.jpg

平成24年4月奈良市内にオープン予定の住宅型有料老人ホームです。
近鉄奈良駅、奈良県庁、奈良公園や東大寺からほど近く、都市型有料老人ホームでありながら、豊かな自然環境にも恵まれています。世界遺産を自分の庭のように散歩し、四季折々の景色を楽しみながら、ゆったりと暮らしていただくことが出来ます。

20120418


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑