榎本栄一30

  浄土のとなり

この古い畳の上で
しずかに いのちのながれに
心耳(みみ)をすまし
ここが私の
一ばんだいじな棲処(ところ)としり

・心耳、すべてに心が添えればいいなぁ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

-

管理人の承認後に表示されます

2012年05月25日(金) 03時41分 |

↑