3月11日のマーラー

3月11日のマーラー
2012年3月10日 NHK
 
去年3月11日、多くの音楽会が中止される中、新日本フィルの定期演奏会は決行された。演奏されたのは、マーラー交響曲第5番。奇跡的なものとなった演奏会を再現する。

3月11日、多くのコンサートが中止された東京にあって、新日本フィルの定期演奏会は決行された。演奏されたのはマーラーの交響曲第5番。世界的な指揮者ハーディングがタクトを振った。葬送行進曲に始まり、壮大なフィナーレに至る70分の演奏会。悲しみ・祈り・希望・深い感情が込められ結晶となり、94人のオーケストラ、105人の観客、誰もが忘れられないものとなった。残された記録映像をもとに、奇跡の夜を再現する。

【語り】袴田吉彦 (俳優)



・番組の感想を書く前に、この演奏会ついてのことを記す。この演奏会については知っていた。それは、震災直後からツイッターの情報を見ていたからだ。音楽愛好家もフォローの対象なので、情報は書き込まれていた。

まだ地震と津波の被害が明らかでなく、むろん原発事故も起きていない。それでも首都圏では帰宅困難者で溢れかえっていた。その時に演奏会をするのか否かを判断することは難しかったろう。ただ一人でも観客が入れば演奏会を行うという態度は基本的に持っていたようだ。

毎日新聞の記事を読むと、この番組の制作にはディレクターの取材で、音楽家と観客の思いを汲み取ることが大震災直後の一つのあり方として提起したかったことなのだろう。

番組構成としては、交響曲の進行とともに首席奏者たちの思いや観客のインタビューを通して語られたのは、曲への集中力が高まったということだった。音楽家にとっては、ルーチンの仕事とは違った演奏会となったことは当然であり、震災のことが脳裏にありながら目の前の演奏を遂行するという緊張度の高い演奏となったことは理解できる。

ただ番組最後に写された、帰宅できなかった楽団員と観客のスナップ写真では一部の人の顔にモザイクがかけれらていることが、とても気になった。この演奏会を聴きにいったことを誰にも言っていないというインタビューもあり、非常時に音楽を聴くことに対する複雑な思いを感じさせた。

この日の予定曲が、もしモーツアルトなどの軽妙な曲だったら結果も違っていたことだろう。戦火や災害の中でもプロは仕事をこなし、音楽家も例外ではなく過去にもあったことだ。それでも非常時だからこそ、芸術の持つ力を信じても良いのではないかという思いもある。

番組では、この曲が高度の演奏技術を必要とするようにナレーションしているが、マーラーの交響曲でも演奏回数が多く手慣れた曲である。また裏話に関するものは少なく53分構成は必要ないように感じた。


新日本フィルハーモニー交響楽団  http://www.njp.or.jp/

東京交響楽団首席ホルン奏者 大野雄太  http://syunju.web.fc2.com/profile.html
 (演奏会当時、新日本フィルに在籍)


3月11日のマーラー:「3.11」当夜の名演を”再現”ドラマ仕立てで伝える
2012年3月8日 毎日新聞

 昨年3月11日、知られざる名演があった。東日本大震災が発生した夜、東京都墨田区のすみだトリフォニーホールで、新日本フィルハーモニーが新進気鋭のイギリス人指揮者、ダニエル・ハーディングを迎え、マーラーの交響曲第5番を演奏した。その夜の出来事をドキュメント仕立てで伝えるNHK総合「3月11日のマーラー」が10日午後11時、放送される。【高橋咲子】

 番組は実際の映像と、ハーディングや演奏者、観客らのインタビューで構成される。「何度も余震が来たが、音楽の力で鎮められるんじゃないかと思った」「タイタニック号の中で演奏を続けた音楽家たちや、第二次大戦中に空襲の中で演奏会を続けたヨーロッパの人々のことを考えさせられた」。演奏家たちは、今までにない覚悟と緊張感のなかで楽器を持った夜を振り返る。

 番組の飯塚純子ディレクターは、震災以降、音楽家らの来日が次々と中止になるなか、ハーディングと新日本フィルが6月にチャリティー演奏会を開催し、3月11日の夜にもコンサートが開かれていたことを知った。「ハーディングの心意気に感激して」取材を始めた。その中で、当日夜の映像をホールが定点カメラで記録していたことが分かった。

 飯塚ディレクターはまず、演奏者93人にアンケートを実施。うち約60人から得た回答に目を通したところ驚いた。「どの方も言いたいことがあふれていた。ここに宝の山がある!と思った」と話す。

 事務局は、ホールの安全が確認されたことなどから、演奏会を開くことを決定。チケットは完売していたが、この日来場することができた観客は客席1800に対しわずか105人だった。飯塚ディレクターは残っていた半券105枚を元に事務局を通じて観客に連絡をとり、話を聞いた。

 105人の中には、約2時間半かけて会場にたどり着いた人、「(被災した人に)申し訳ない」と思いながら客席についた人もいた。余震の中で演奏を聴き続けた観客もまた、これまでにない心持ちだった。

 飯塚ディレクターによると、あるスタッフは「封印された名演」と例えたという。仲間同士でも話をせず、スタッフも「あの日開催してよかったのか」と悩み続けてきた。コンサートに出掛けたことを誰にも言えなかった観客もいた。それでも番組は、コンサートが開催されたわずかな時間に意味があったと伝える。

 マーラーの交響曲第5番についてハーディングは「(曲は)悲劇で始まるが、われわれを幸せで穏やかな場所へと導く」と語る。まさに、あの日の演奏にふさわしい曲だった。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑