神田橋 語録3

脳が気持ちよくなるものを、探してするように。(神田橋 條治)根本の自分

・神田橋 医師は「こころの病」という表現を嫌う。「脳の病気」だと考えた方が都合がよいということだ。こころとは何かを考えると、それは脳の活動ということになる。臓器としての脳が疲労したり機能不全に陥ることが、すなわち病気ということだ。そして、「脳が気持ちよくなる」こととは、つまり身体全体を司る脳に適切な刺激を与えなさいということだろう。大事なことは気持ちよいという感覚のことだ。気持ち良いことを続けることが、結果的に本来・根本の自分を見つけることになる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑