人生いろいろ:インターネットでは子どもも容赦ない

† 子どもたちがパソコンで何をしているのかは、親としては知っておいて欲しいものだ。履歴を残せば、彼ら彼女らの行動は分かるものだから、予想してみると良いだろう。

‡ 外国語や偽装したクリックすると勝手に入会手続きをしてしまうサイトもあり、そこでは法的処置をとると言った脅し文句があったりする。こうした場合は、消費者センターに相談してほしい。支払い義務は全くない。


子どもサポート情報 第45号 平成23年11月22日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

   携帯ゲーム機もインターネットにつながるんです!

◆事例
中学1年生の息子が、家族の不在時に携帯ゲーム機でインターネットの動画サイ
トを検索していた。その際アダルトサイトを見つけ、問われるままに年齢など
をクリックしていったところ、突然登録になり6万円の請求画面が出た。驚いて
画面に表示されていた相手先に電話すると「3日以内に支払わないと利息がどん
どん増える」と怖い声で言われたらしい。息子は「ためてきたお年玉で払おう
か」などと、食事ものどを通らないくらい悩んでいる。支払わなければならな
いのか。(当事者:12歳 男性)

<ひとことアドバイス>
☆携帯ゲーム機でインターネット検索中にアダルトサイトに入り、いくつかの
 問いに答えたら、突然料金請求画面が出た、という相談が寄せられています。
☆最近の携帯ゲーム機は、無線LAN等を利用できる環境があれば、自宅や飲食店
 等で簡単にインターネット接続ができます。
☆トラブル防止策として、保護者による使用制限の設定や、フィルタリングを
 利用する方法があります。設定はいつでもできますが、購入し子どもに渡す
 前に、保護者が設定しておくとよいでしょう。
☆子どもは、携帯電話やゲーム機などで新しい機能を持ったものが出てもすぐ
 に使いこなします。保護者もそれらの機能等を把握し、子どもがトラブルに
 巻き込まれぬよう、日ごろから使い方をよく話し合っておくことが大切です。
☆事例のような場合は、業者に連絡したり、お金を支払ったりせず、お住まい
 の自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑