人生いろいろ:訪問販売で次々に布団を…高齢者に

† 特に認知症高齢者の被害は予想以上であると想像される。契約したこと自体を覚えていない場合もあり、業者にとってはカモである。

‡ 下記事例にあるように、本人からの訴えができない場合があり、周囲の者が気をつけてあげる必要を感じる。


見守り新鮮情報 第129号  平成24年2月7日
◇発行:独立行政法人国民生活センター◇

    2カ月で総額400万円!?次々に布団を買わされた!

 訪問販売で次々と羽毛布団などを買わされ、家の中に未使用の布団がたくさ
んある。2カ月前から同じ業者が何度も来て、勝手に部屋に上がり込み布団を置
いていった。布団は特に必要なかったが仕返しが怖くて断れず、今まで誰にも
相談できなかった。支払いは全て現金で、業者と一緒に郵便局に行ってお金を
下ろしたこともあり、総額で400万円以上支払っている。業者に「暗証番号を教
えてくれれば自分が下ろしてくる」と言われたこともあったが、それは断った。
契約書は6枚あるが、一度に300万円払ったものと最後に契約したものしか覚え
ていない。(90歳代 女性)

<ひとこと助言>
☆訪問販売で高齢者に布団などを次々と購入させるトラブルが後を絶ちません。
 一人暮らしや判断力が不十分な高齢者などを狙い、強引に契約させる手口が
 目立ちます。
☆中には契約書を渡さないばかりか業者名なども明かさずに売りつけたり、過
 去に売りつけた布団等を回収したりして、足がつかないようにする悪質なケ
 ースもあります。
☆このようなトラブルでは、被害に遭ったことを恥だと感じたり業者に対して
 恐怖心を抱いたりして誰にも相談せずに被害が拡大してしまうことがあるた
 め、身近な人による見守りが不可欠です。
☆事例のような悪質な業者は、見守りの体制ができている家を狙いません。家
 に見知らぬ人が出入りしていないか、家の中に不要なものや契約書などがな
 いかなど、身近な人が日ごろから気を配りましょう。
☆心配なときは、お住まいの自治体の消費生活センター等にご相談ください。

イラスト入りリーフレット(PDF形式)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑