バレンタインの起源は「裸の男性がムチで女性を叩くお祭り」

バレンタインの起源は「裸の男性がムチで女性を叩くお祭り」
2012年2月10日 Gow!Magazine

みなさん、バレンタインデーの起源をごぞんじでしょうか?
なんとなく「キリスト教のイベントだっけ?」と思っている方も多いのでは。
古典学者の研究によると、どうやらキリスト教の由来は後付けで、もともとの起源はローマ帝国時代に「裸の男性がムチで女性を叩くお祭り」だったと言うのです。
なんだかソワソワしてしまいますね。

意外と知らない「バレンタインデーの本当の起源」をご紹介いたしましょう。

2月14日は聖バレンタインさんの命日

2月14日はバレンタインデー、正しくは「Saint Valentine’s Day(聖バレンタインの日)」。
キリスト教司祭のバレンティヌスにちなんだ、キリスト教のイベントだというのが通説です。

西暦3世紀のローマ時代、皇帝クラウディウス二世は、戦争へ行きたがらない兵士の士気をむりやり上げるため、兵士の結婚を禁止。
それを憐れんだ司祭のバレンティヌスは、帝国に隠れて兵士たちを結婚させていました。
それが皇帝の耳に入り、バレンティヌスは投獄されてしまいます。
しかし、バレンティヌスは獄中でも看守たちに神の愛を説き続けました。
ある看守には目の不自由な娘がいて、バレンティヌスが彼女のために祈ると奇跡的に目が見えるようになったといいます。
その後、不幸にもバレンティヌスは処刑されてしまうのですが、死ぬ前にその娘宛てに「あなたのバレンティヌスより」と署名した手紙を残したそうです。

バレンティヌスが処刑されたのが2月14日。
そののちに、2月14日に愛するひとへ「あなたのバレンタインより」や「わたしのバレンタインになって」と書かれたメッセージカードを贈り合うイベントになったとされています。
(参照:「ファミリー・インターナショナル|バレンタイン・デーの由来」より)

古典学者が語る、バレンタインデーの本当の起源

このように“悲劇の司祭にちなんだ祭り”と言い伝えられているバレンタインデーですが、これはキリスト教が布教をするために都合よくこじつけた伝説だと言う意見もあります。

コロラド大学ボルダー校の古典学者ノエル・レンスキ氏はこう考えています。
バレンタインデーの本当の起源は、キリスト教が伝わる以前からローマで行われていた「ルペルカリア祭」。
毎年2月15日に多産を祈願して、男性が裸になりヤギや犬の皮でできたムチで未婚女性をたたくという騒々しい祭りです。
西暦313年にローマ皇帝がキリスト教を公認して、異教の祭りをやめさせようとしました。

しかし、「ルペルカリア祭」はその後も150年続くほど人気のある祭りでした。
そこでキリスト教会は、2月14日に処刑された聖バレンティヌスの伝説を結びつけて「男女の祭り」という特色を残しつつ、キリスト教の祭り「聖バレンタインデー」に変えてしまったそうです。
「ルペルカリア祭」の人気に便乗し、異教徒をキリスト教へ改宗させる狙いもあったとか。
(参照:「ナショナルジオグラフィック|バレンタインデーの歴史と愛の脳科学」「Wikipedia|ルペルカーリア祭」より)

男女にまつわるイベントは盛り上がる

「バレンタインデー」は、今ではキリスト教が関係なくなるほど世界中に広まっています。
「ルペルカリア祭」が支持されていたポイントが「男女の祭り」である点に目を付けたのが大ブレイクの要因でしょう。
当時のキリスト教会は優秀なマーケターですね。

日本でも大盛りあがりのバレンタインデー。
もともとはこんなSMチックなイベントだったなんて意外ですね。
ちょっと刺激が欲しいカップルは、彼に本当の起源を教えてみてはいかがでしょうか。



・キリスト教の行事に関しては、それ以前に行われていた風習や異教の習慣などに便乗したものがあることは知られている。上記の記事にあるように、新たに意味づけをすることでキリスト教を定着させようとしたことは上手い方法である。

それにしても、「ルペルカリア祭」ではないが、多産や豊穣を願うことは世界中で行われている祭りであると言えよう。科学知識がなかった時代には、生殖の知識も天文学や気候学も経験知でしかなかった。その際には、神々を悦ばせたり自然を崇拝することで、人間の幸福を願ったということだ。

まあ、ギリシャ以前の風習もあったことだろうし、何が起源かを知ることは難しいに違いない。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑