神の風景-人間と世間-67

「清潔な人はその狭さを、大まかな人はそのルーズさを反省しているのが普通ですから、それを信じて批判を控え、認め合うのが一番良いと思います」(藤木正三)2-83堅物と横着者

・いろいろな性格の人がいますね。藤木師によれば、それぞれに自分のどうにもならない性格を反省しているものだから、徒に悲しまないようにしたいものです。積極的な見方です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑