ハイビジョン特集「情熱のタクト~指揮者・佐渡裕 ベルリンフィルへの挑戦~」

ハイビジョン特集「情熱のタクト~指揮者・佐渡裕 ベルリンフィルへの挑戦~」
2011年6月11日 NHK-BSプレミアム

指揮者・佐渡裕さんが2011年5月、世界最高峰のオーケストラのひとつ「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」の指揮台に立った。佐渡さんの3か月間にカメラが密着した。

ベルリン・フィルに挑んだ3か月間に密着。小学校の卒業文集に書いた夢をかなえた佐渡さんの道のりを紹介するとともに、通常は撮影許可が下りない、本番前2日間のリハーサルのすべてを撮影。世界最高峰の舞台に向けて、指揮者と超一流の演奏家たちの真剣勝負のもようを伝える。



・BSで放送されたものを地上波でも放送してくれたので視聴した。

個人的には、いわゆる熱血系の指揮者には距離を置いている。小澤征爾やコバケンなどの有名指揮者も、尊敬しても、その情熱に流されたくないと思ってしまう。佐渡裕も、バーンスタインや小澤の影響と共に、熱血指揮者ということは間違いないところだ。

この番組は、NHKがベルリン・フィルへの初客演となる佐渡を3か月前から取材するとともに、ベルリン・フィルの多大の協力により、その練習風景を撮影したものだ。これは非常に珍しい映像だろう。それだけ日本というクラシック音楽市場は、彼らにとって優遇するに値するものであることを痛感する。取材には、主席に位置するバイオリン、チェロ、コントラバス、オーボエ、フルート奏者等が応じていた。3.11東日本大震災の際には、ベルリン・フィルは特別に演奏会をしてくれている。

さて、番組で佐渡は忙しい日常から、この公演を意識していたことには間違いない。ただ、50歳の彼はフランスを中心にして確固たる地位を築いており問題もない。しかし、天下のベルリン・フィルを指揮し成功することができれば彼の報酬は大きく上がることは間違いない。

熱血系指揮者の良いところは汗をタラタラ流して全力投球するように見えることで、楽団員もやる気がでることだろう。シニカルな指揮者であれば、そうできないであろう。ベルリン・フィルは、オールスターオーケストラであり大学教授やソリストレベルの楽団員で構成されているから、滅多なことでは心を動かすことはない。

ある意味で扱いが難しいのが、ベルリン・フィルというものである。帝王といわれたカラヤンから、独立した彼らは独裁者を求めながらも、自主性を持ちたいという精神状態にあり選ぶ指揮者に求めるのは、新しいやる気のでる解釈である。だから、整然と指揮をしたりするだけではダメなのだ。

今回の番組では、演奏後に書かれた地元新聞の音楽評を取り上げて大成功であったかのようになっていたが、佐渡がもう一度客演に呼ばれるかにかかっている。ただし、ベルリン・フィルとしても話題性のある指揮者であれば問題はないわけである。このあたりはプロだから計算も入っている。

私が一番感じたのは、デッセルドルフ交響楽団とのベートーヴェンの第九演奏会のことだ。この公演は、東日本大震災を受けて急遽申し入れのあった公演であり、事実、練習は当日の2時間だけというものだった。ただ、これは、指揮者にとっても聴衆にとっても感動的な演奏になった。

佐渡が番組で語っていたように、音楽に集中できる環境が整っていたということだろう。中途半端な練習と大震災の鬱積された感情、そして、第九の持つ人類愛が協奏し爆発したということだろう。第3楽章で、佐渡は涙をずっとこぼしていた。ライブ演奏とは、このような偶然から稀なる演奏が生まれるものだ。また聴衆にも日本人らしき人が多く聴きにきていた。

日本人演奏家が欧米で活躍することは個人的には嬉しいことだ。日本人の演奏水準も上がってきており、欧米では欠かすことのできない一員となっている。

熱血指揮者が老成していくと、徐々に欠けているエネルギーを別の要素で補わないといけなくなる。佐渡はまだ若いが、これからは深みが求められるだろう。本当は、もっと指揮者と楽団のいやらしい関係も書きたいのだが、それは世界一流の楽団だから控えておきたい。

追記
NHKラジオの別番組で佐渡のインタビューを聞いたので追加情報を記す。

ベルリン・フィルからの出演オファーは、すでに10年前からあったという。それは、指揮者の代役ということで直前に連絡があったという。しかし、公演がなくったり日程が合わなかったりと実現しなかった。

ベルリン・フィルへの客演常連指揮者たちは高齢の方もおり体調不良はありえる。そうした際に、代役として登場し脚光を浴びるということは指揮者の世界ではよくあることだ。

そして、この公演はCD化されたのだが、3日間の演奏会について佐渡は自分自身で評していた。一日目は、佐渡VSベルリン・フィルという顔見世。二日目は一番演奏が安定していたことで、CDになった録音にも、この二日目のテイクが多い。三日目は、佐渡に言わせればゾーンに入った状態だったという。音楽の神様が舞い降りた感じがしたという。

また、ベルリン・フィルの公演については「5」という数字がマジックナンバーとなっていたという。50歳、5に関連する曲目・・・などなど。彼には世界最高峰のオーケストラを指揮できたことが大きな満足を得ていることは手に取るように分かる。

以下のように、素早く販売するあたりは、NHKの商魂と佐渡の思惑が重なっているのが、残念ながら人気商売の指揮者の辛いところだろうね。

佐渡裕 指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 [DVD]

51SVyaXVfRL.jpg

武満徹:フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム
ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

販売元: NHKエンタープライズ
DVD発売日: 2011/09/22

佐渡 裕 ベルリン・フィル・デビューLIVE

4111040381.jpg

CD (2011/6/29)
レーベル: avex CLASSICS



佐渡裕さん 復興支援でパリ公演へ
2012年1月6日 NHK

世界的な指揮者として知られる佐渡裕さんの呼びかけで、東日本大震災から1年となることし3月11日にフランスのパリで大規模なチャリティーコンサートが開かれることになりました。

佐渡裕さんは日本を代表する指揮者の1人で、去年はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会で初めて指揮して高い評価を受けています。佐渡さんは東日本大震災の被災地で復興支援のためにたびたびコンサートを開いてきましたが、震災から1年となることし3月11日には、佐渡さんの呼びかけで、パリのユネスコ本部で大規模なチャリティーコンサートが開かれることになったものです。佐渡さんが指揮するオーケストラは、オーディションで選ばれた日本の子どもたちが中心で、地元のパリ管弦楽団のメンバーなども有志で大勢参加することになっていて、会場では義援金も集められることになっています。

20120106

コンサートの打ち合わせのためパリを訪れている佐渡さんは、NHKのインタビューに対して、「震災直後は音楽で何ができるのだろうと無力感を抱いた」と当時を振り返ったうえで、ことしも被災地で音楽活動を続ける考えを示しました。さらに佐渡さんは「いまも世界が被災地を忘れずに思い続けているというメッセージを被災者に届けたい」と述べて、コンサートで最高の演奏を披露して、世界から被災地を励ましたいという思いを語りました。



震災1年、ユネスコ本部でコンサート
2012/3/12 TBS

 フランス・パリのユネスコ本部で11日、震災1年のメモリアル・コンサートが開かれました。

20120312

 指揮者の佐渡裕さんと阿部加奈子さんのほか、ピアニストの辻井伸行さんや、佐渡さんが神戸で指導するスーパーキッズオーケストラ、そして、ヨーロッパ中から集まったメンバーが、クラシックの名曲を奏でました。途中、岩手県釜石市で津波にのみ込まれた旅館「宝来館」の女将、岩崎昭子さんも壇上に上がり、支援への感謝と復興への思いを語りました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑