榎本栄一28

  うねりのなか

この生死海の波のうねりに
手を合わせながら
うねりの中から
向こうの岸がみえてくる

・手を合わせるように丁寧に生きていると、ふと、これでいいと感じることがある。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑