神話の力4

「自分の幸福について知ろうと思ったら、心を、自分が最も幸福を感じた時期に向けることです。ほんとうに幸福だったとき――ただ興奮したりわくわくしたりでなく、深い幸せを感じたとき。そのためには、自己分析が少し必要ですね。なにが自分を幸福にしたのだろうと、考えてみる。そしてだれがなんと言おうと、それから離れないことです」(ジョーゼフ・キャンベル)1-330

・キャンベル教授は「至福」を求めなさいと繰り返し述べている。それは、上記のことばにあるように一時的な興奮ではなく、あなたが最も落ち着く時間を感じることに携わることだ。それは、人それぞれに違うのであり誰かに教えてもらうことはできない。ただ、分かるのだ。これが本当にやりたかったことだと気づく瞬間があるということ。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑