神の風景-人間と世間-59

「元来私たちは、清い心を生活の中に連続的に貫けるほどに清くはなく、私たちにとって清い心とは、所詮継続的なものでしかないからです。継続的にでよいのです」(藤木正三)2-75断続的に

・連続的か、継続的かの大きな違い。清い生活とは何なのかまでは触れてありません。宗教者が送る生活と考えてよいでしょう。それを連続的に行うことには無理があると藤木師は語ります。ただ続けることができればよいと…断続できるだけでも大変なことであります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑