神話の力2

「あらゆる宗教はなんらかの意味で真実です。隠喩として理解した場合には真実なのです。ところがそれ自体の隠喩にこだわりすぎて、隠喩を事実と解釈してしまうと動きが取れなくなってしまいます」(ジョーゼフ・キャンベル)1-136

・ことばというものの限界を感じるとよい。例えば、聞こえてくる音をことばで表現できるでしょうか。ことばを媒介とするものには自ずから限界があります。それを無理やりに解釈することから、さらに問題が広がります。隠喩でしか表せないものは、そのままに受け取り感じ取ることしかできません。宗教経典の誤解は、ここから生じます。また、翻訳という問題も絡んできます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑