神の風景-人間と世間-53

「同じであるということと、一つであるということとは、全く別のことです。生命あるものは皆、相違しています。そして、皆、一つであることを希求しています」(藤木正三)2-69生命

・敷衍していくと、人間であることと、一人の人間であることの違いでしょうね。私たちは人間に過ぎませんが、一人ひとりがみな己を見つめて生きています。その一人ひとりが形作っているのが社会です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑