「世界の終末は10月21日」、予言した米キリスト教徒は沈黙

「世界の終末は10月21日」、予言した米キリスト教徒は沈黙
2011年10月21日 ロイター

 今月21日を「世界の終末の日」と予言してメディアの注目を集めた米国のキリスト教徒ハロルド・キャンピング氏(90)が、「審判の日」を前に沈黙を守っている。

 ラジオ局「ファミリー・ステーション」を主宰するキャンピング氏は今年、5月21日を「最後の審判の日」と予言して一躍話題の人となった。その後、当日に何も起こらなかったのは計算ミスだと釈明し、新たに10月21日を世界の終末の日と予言し直した。

 同ラジオ局によると、それから約1カ月経った6月には発作を起こして入院。その後は公の場にほとんど姿を現しておらず、全米60カ所以上で放送されていた番組も中断したままとなっている。

 20日に電話取材に応じたラジオ局の広報担当トム・エバンス氏は、キャンピング氏は番組ホストを「引退した」が、会長職にはとどまっていると説明。予言に関するコメントは差し控えた。

 5月21日の前には、支持者らが全米約2200カ所に最後の審判の日に関する屋外広告を掲示するなど、米国で大きな騒動となっていた。しかし、今回はそうした動きもほとんど見られない。[アラメダ(米カリフォルニア州) 20日 ロイター]

 

・全米で66局のネット放送をしていたということで有名人。かなり高齢なので妄想が進んでしまったのか!? このように人類が破滅しなければ楽園は訪れないという教義に縛られている人たちは多い。

決して他人事ではなく、日本でも予言する人はいるし、私たちも日々占いに凝っている。それが人生訓程度だから生活に影響はないが、彼のように生死を賭けた内容ならば勝ち馬に乗りたい人たちも出てくる。

イエスの言われた、「真理とは小賢しいものからは隠されている」ということは、自分自身が選ばれているという選民意識からくる優越感によるものに対する皮肉だろうと思っている。自分のみ助かるというなら宗教はいらないだろう。


「21日に地震、世界破滅へ」、米キリスト教徒が予言
2011年05月20日 ロイター

 米国でラジオ放送局を運営するキリスト教徒の男性が、5月21日を「最後の審判の日」と予言し、話題となっている。予言では21日に地震が発生し、信仰心の厚い人は天国に召されるが、そうでない人は取り残され、数カ月にわたって続く世界の破滅に巻き込まれるという。

 予言をしたのは「ファミリー・ステーション」のハロルド・キャンピング氏(89)。同氏は1994年にイエス・キリストの再臨を予言したことがあるが、今回の予言について、「いかなる疑いの影もなく成就する」と自信をのぞかせた。

 ファミリー・ステーションは全米に66局を配し、提携先を通じ30カ国語以上で世界各地に向け放送を行っている。

 キャンピング氏の支持者は、全米約2200カ所に最後の審判の日について屋外広告を掲示したほか、数十人が各地で予言を広めている。

 土木技師でもあるキャンピング氏は、聖書の解釈やノアの大洪水などの古代の歴史を基に予言を行っている。21日はカリフォルニア州北部アラメダで妻と一緒に様子を見守る予定とし、「おそらくテレビかラジオなどのそばにいるだろう。(最後の審判の日に)世界の裏側で何が起きているのか興味がある」と述べた。

 キリスト教には世界の終わりにキリストが再臨し、人間は審判を受けるとの考えがあるが、世界の終末の日を特定する予言は異端で、多数派とは一線を画している。[サンフランシスコ 19日 ロイター]

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑