仏教名句29

おのれこそ おのれのよるべ
おのれを措きて 誰によるべぞ
よくととのへし おのれこそ
まことたえがたき よるべをぞ獲ん  『法句経』

・有名なことばであるが深遠だ。自分自身を知ることこそが、自分を生きるということだろう。よく調えるとは、心と身体を愛しいたわることであり、宗教的には瞑想するということ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑