Brilliant Classics ドイツ3大B:作品全集11

CD27 Beethoven
ピアノ三重奏曲第7番『大公』
 ボロディン・トリオ

† カザルス・トリオの演奏を聴いて引き込まれた。実は、ピアノトリオの演奏に目覚めたのはアイザック・スターンの日本における公開指導をテレビドキュメンタリーで見たことが契機となった。若い演奏家たちが、巨匠を前にしてレッスンを受けつつ演奏家としての基礎を作り上げている番組であった。スターンの晩年も教育活動に力を入れていたし、何よりも音に対するこだわりは胸打つ連続であった。

‡ 目覚めている演奏家は、後継者が育たないことを半ば知っていても、どこかにいるだろう後継者を求めている。それは、演奏に厳しい音楽家も同様である。自分が発見したことを伝えたいという思いは変わらない。それは、文字では伝わらず以心伝心というべきものだからだ。


Beethoven: Piano Trio No 7 "Archduke" (Rubinstein, Heifetz, Feuermann) - I

Beethoven: Piano Trio No. 7 in B Flat Major, Op. 97 "Archduke"
Rubinstein, piano; Heifetz, violin; Feuermann, cello

《ドイツ3大B探究メモ》
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのピアノ三重奏曲第7番変ロ長調作品97は、1811年の作品。ルドルフ大公に献呈された。このため『大公』と通称されて親しまれている。その通称にふさわしく、優雅さと堂々とした気品がある曲想で、ピアノ三重奏団には必須のレパートリーとなっている。《ウィキペディア》 フリー百科事典
関連記事
スポンサーサイト



コメント


トラックバック

↑