人生いろいろ:情報とコミュニケーションの中毒症状4

† ネット社会の功罪は、すぐれて科学・技術の発展に負っている。ただ、便利となると人間はどうしても己の力を発揮しなくなり退化することは当然のことだろう。車の発展により足腰を使わない生活になったようなことだ。ネット社会は、広く人類の叡智を共有し困難な問題を考える土台を与えることではないかと感じる。

‡ 一方、この20年で生まれた世代にとっては、ネット社会は当たり前ということであり、それ以前の過程を知ることができない。飢えを経験した世代は、飽食にあっても一定の限界を見定めることができると思うが、彼らにとってはネットの恩恵を得られない社会で生き延びることができるだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


トラックバック

↑